金属(鉄SS400)に刻印をいれてみよう!打刻印・ポンチもオリジナルで作れます!

今日は焼印ではなく、鉄(SS400)に打刻ができるのかの試し押しについてです!世間は4連休ですが、焼印本舗は今日も元気に通常運行です!手をつめないように硬い金属に刻印をしていきます。部品やアクセサリーにオリジナルデザインで刻印をしてみたい!とご検討の際のご参考にしていただければ幸いです!

ずっしりとした鉄にロゴが入るか試していきます!

打刻印の素材は、叩く金属よりも硬いことが大前提です。焼印でつかっている金属の真鍮は絶対ダメ!真鍮は金属の中でもやわらかい方なので、硬い金属に打刻すると、デザインの印面部分が変形してしまいます。

ステンレスやカーボンスチール(炭素鋼)素材の刻印でどついていきます。ハンマーも重い方が打ち込みやすいです。

線で表現したロゴデザイン!

反射しているので見えづらいですが刻印は入っています! 手動による打刻加工では、あまり深くまでは刻印ができません。

堅い素材の金属を使った打刻印では、彫りの高さは低く作っています。彫りの高さがあると、硬い金属でも打刻した際の衝撃でめげてしまうことがありますので!

表面に傷をつけてロゴや文字をいれていく打刻加工。デザインがかったものよりかは認識番号などを入れるなどの実用的な使われ方が多いようです。

大きめサイズで作る場合は、細めの線で!

ベタ面が多いとうまく入りません・・・ 叩く圧力のみで刻印を入れる打刻加工では、刻印サイズにも限界があります。大きいと叩いた際の圧力が分散されてしまうので、大きくても25mmぐらいまでが推奨しているサイズです。

硬い金属への打刻では、サイズは小さい方が圧力がかかりやすいのでうまくいきます! デザインも、あまり欲張らずにシンプルなものにしている方が打刻した際の仕上がりが綺麗です。金属に使用できるマーキング刻印ではデザインとサイズが仕上がり

オリジナルデザインで金属に打刻できる刻印も定額でお作りいたします! 金属への打刻印をオリジナルのデザインで作る場合も、焼印本舗にお任せください。

打刻をする金属の素材名とデザインをご用意いただければ定額での製作をさせていただきます。金属刻印用のポンチを好きなデザインで!お気軽にご相談くださいませ。

 

錫(すず)に名前をいれる打刻印を作るのにどの金属がおすすめ?

革・木だけじゃない!金属にもロゴを入れることが出来るオリジナル刻印

【試し押し】ステンレス製のスプーンに打刻!金属への自作加工。

 


型押し・刻印加工 / 打刻 / 打刻印(カーボンスチール製) / 金属
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター