焼印がうまく押せません。失敗しない食品への焼印について

食べ物にロゴや文字などを表現する手段として焼印が使われることが定番となりつつあります。 焼印本舗では、どんなに細かいデザインの線からでも忠実に再現してオリジナルの焼印をつくることができます。

でも、焼印でいちばん大切なことは焼印の美しさではなく! 焼印をしたあとの仕上がりです。 今回は食べ物、食品(パンやバンズ、お菓子、お惣菜など)への焼印で失敗しないようにするためのやり方についてご紹介致します。

食品への焼印によくある失敗とは?

 

食品に限らず焼印加工での失敗の多くは焦がしてしまうこと。 失敗の原因は温度、焼き付けの押し当てている時間、デザイン。食材。 これら4つが主な失敗の原因。 それでは、それぞれの要素についてご説明させていただきます。

 

食品への焼印の温度とは?

焼き目をいれる加工の焼印では、素材ごとに違いがある燃焼温度の少し手前の温度で焼きを入れていきます。 素材の形や状態によってもこの焼き目が入るで温度には違いがあります。

例えば、玉子焼きの場合、しっかり目に焼いて調理されている厚焼きと、だし巻きのように水分を多く含んでいるようなものでは焼き目が入る温度に違いがかなり出てしまいます。 おおよそ、300℃前後でどのような食材でも焼き目は入ります。

焼印をとりつける加熱道具の温度帯は 電気式 半田ゴテ 約550℃ 直火式 加熱している時間により差があります。 ホットスタンプ 350℃まで調整できます

食品への焼印の加熱の道具について

電気式の半田ゴテでの焼印の注意点は、

コンセントに入れている間(通電している間)は常に550℃を保とう加熱をし続けます。 目安の温度帯の550℃、それ自体が加工予定の食材の燃焼温度を超えていることがある場合も多いのですが、それよりも良く起きてしまう失敗につながるのが、 加熱しているアイドリング時間が長いこと。

飲食店やパン屋さんなど、焼印よりも大事なのは調理であったり、いいタイミングで料理を提供すること。 電気式の焼印加工をはじめる場合、焼印に熱が充分にいきわたるまでに約10分程度必要です。 加熱に時間がかかるため、先にあたためているケースが多くなります。

そしてアイドリング時間(焼印をせずに加熱している時間)が長くなってしまうと、550℃以上に焼印が熱くなってしまいます。 この状態で、焼印をすると、あっという間に黒焦げになります。

直火式の焼印の注意する点は、

ずばり加熱する時間です。 直接の火であぶって加熱するのが直火の焼印のやり方、加熱方法により焼き目が入る温度まで上がる時間には差があります。 どの加熱方法をとられても、気をつけてもらうのが焼印に伝わっている温度の確認。

特殊な温度計などなくても確認する方法があります。 杉やヒノキなど木の板を用意してください。 加熱された焼印を食材に押し当てる前に試し押しを木にします。 ここで熱くなりすぎている焼印は白いけむりがでて木が焦げます!

その場合には、時間を置いて冷ます。もしくは木に何度も焼印をする。 金属の性質として蓄えられている温度は、より低い方の温度のモノに熱が移動します。 間違っても、水につけて冷ますなどは控えてください。急激な温度変化による金属の変形につながることがありますので!

ホットスタンプでの注意点は、

温度については特にありません。 一度単位で温度をコントロールできるためです。 350℃以上の温度が必要な素材では使えない。 セットできる大きさに制限があること。

 

食品への焼印の焼き付け時間とは?

焼印加工では焼き目が入る適切な温度以上であれば、押し付ける時間は短めがきれいな仕上がりとなりやすい。 時間でいえば、1秒から長くても3秒ぐらい。 それ以上長く押してしまうと適切な温度であっても、どんなものでも焦げてしまいます。 長くおしても焼き目が入らない場合は加熱する道具とやり方を見直してください。

 

加熱道具別のうまくできない原因について

電気式 半田ゴテ

電気式の半田ゴテなどで長くおしあてても焼き目が入らない場合は原因は2つ。 ひとつめは、焼印の大きさと半田ゴテの種類。 半田ゴテの種類とは、容量が違うもののことです。

100Wや300Wなどワット数で区別されています。 焼印は金属ですので、加熱と同時に放熱(熱が逃げていくこと)もしています。 大きさが半田ゴテと合っていない場合、焼印の端の方まで熱が上がらないことがあります。

焼印本舗では、サイズごとにあらかじめ半田ゴテの適切な容量をセットにしています。 ふたつめが、半田ゴテの故障。 セットで購入した適切なサイズでの半田ゴテと焼印でどれだけ長く押しても焼き目が入らない場合は半田ゴテの故障によるものとなります。

家庭用コンセントで使えて便利な一面、長時間の使用にはむいていない機械です。 故障が疑われる場合は、すぐに使用をやめていただきお問い合わせください。

直火式 持ち手棒

直火式のやり方では、加熱の時間が長すぎることが主な原因となります。 もしくは、食材に原因がある場合など。

 

ホットスタンプ

ホットスタンプのやり方でうまくいかないケースでは、温度不足。 350℃以上の熱が必要な素材では違うやり方をご検討ください。

 

食品への焼印のデザインとは?

 

木や革などの素材と比べると食品(パンやバンズ、お菓子、お惣菜など)へのデザインの反映具合(焼き目として)はかなり低くなります。

比較する条件の定義は、適切な温度ということにした場合、素材別のデザインの再現性は

革 約100%から90%程度の再現性(もちろん革の種類や状態により差はあります。)

木 約90%から80%程度の再現性(木の種類により差はあります。)

食品 約70%から50%程度の再現性

ここでの再現性とは、くっきりとデザインがにじまずに焼き目として入っていること。 食品への焼印のデザインを作成される場合には、できる限りシンプルなデザインをおすすめしています。

また、焼印の焼き目は、焦げなので、デザインの黒ベタ部分が多い場合は焦げくさくなることもお忘れなく! 線と線の隙間はなるべく広めにあけていただくことも重要です。 焦げがひろがり焼きつぶれてしまいますので。

デザイン作成の注意点は、これだけ、抜き幅1mm

食品への焼印の素材について

食品への焼印加工では食材によって、再現性に違いがはっきりと差がでてしまいやすい。 食べ物の種類は大きなジャンルにわけてもかなりの数になります。 よくある食品の素材について焼印の難易度と店長おかどめの私見を書かせていただきます。 この食材に焼印できるのかな?という参考にしていただければと思います。

難易度別にマーク  ◎超簡単 〇簡単 △やや難しい ×難しい

お菓子

おまんじゅう 〇 種類によりばらつきがありますが。
どら焼き 〇
煎餅(せんべい)〇 特に瓦せんべいなどがきれいに!
クッキー △ 温度はおさえめがおすすめ。
マドレーヌ △
カステラ 〇 砂糖が多い表面がはがれないように!
シフォンケーキ 〇 外側なら◎ 内側でも〇
パンケーキ ◎ 粉もの全般と焼印の相性はグッド!
回転焼き・大判焼き ◎ かなり細かいデザインでもOK!
たい焼き △ うろこの型がじゃまをします。
麩菓子 〇 かわいく焼き目がうっすらとはいります。
ワッフル 〇 凹凸さえクリアできれば。
最中 〇
スフレチーズケーキ ×

パン

食パン 〇 耳の部分の方が再現性は高い。内側は気泡でデザインが抜けやすい。
サンドイッチ △ 気泡でデザインが抜けやすい。
バンズ 〇 導入されているお客様多数!
あんぱん系 △ うす皮がへこみやすく再現性が低い。焦げやすい。
蒸しパン △
メロンパン △ クッキー生地が少し焦げやすい
ベーグル △ 中央に穴があるので、加工位置が狭いため。

惣菜

玉子焼き 厚焼き 〇 お寿司屋さんででてくるようなシッカリ目のものはOK!
玉子焼き だし焼き △ 水分が多いので、やるなら直火式がオススメ!
ゆでたまご
かまぼこ 〇 焼き目が入りやすい。
おやき 〇 原料や状態により差があります。
湯葉 〇 以外にきれいにはいります。
鰹節 × にしましたけど面白い。
高野豆腐 ◎ 思っていた以上の出来栄えです。
豚まん・肉まん △ 皮を焼き過ぎないように!

その他

生肉 △ 細かいデザインは不向きです。みずみずしいので押しつけ時間長めの加工。
ステーキ(加熱調理後) △ きれいに入っても色目が目立ちにくいため。 フルーツ △ 部位にもよりますが、皮への焼印もできます。
生ハム △
イカの一夜干し △ ご紹介している以外の事例もありますので、載っていない食材があればお問い合わせください。

さいごに

食べ物に焼印というひと手間を加えるだけなのに、やるのとやらないのとでは結果が違う!

一億総スマホ時代の現代ではビジュアルに訴えれるものが不可欠になっています。 「SNS映え」することも外せないビジネスの要素になってますね。 焼印で文字などをやきつける加工は古くから使われています。

実際に導入されているお客様からもうれしいお声をいただいています。 口コミで人気になり繁盛店になったり、テレビなどの取材が決まったり! 導入事例にてお客様の生のお声もご紹介していますのでご参考にしていただければうれしいです。 オリジナルの焼印を導入していただきましたお客様の事例一覧はこちら

 

焼印が初めての方へ
オリジナルの焼印を作る上で知っておくと便利な基本用語の意味をご紹介しています。


オリジナルの焼印を作ってみよう!
オリジナルの焼印をオーダーするのに必要な3つのポイント

こんな時どうする? / 焼印加工 / 焼印加工で困った
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター