はじめての焼印を電気式セットでオーダーいただきました!

焼印(真鍮製)電気式セットで導入いただきましたグレイプ ブレイン様のかっこいい丸太にロゴ焼印されている写真です!

『思いつきで新たなジャンルに手を出す🖖意外とムズイ』

これだけ綺麗に仕上がっているのでバッチリです!!®マークはどうしてもサイズが小さくなってしまうので焼きつぶれてしまうことがあります。そんな時には、®マークが入るであろう丸太の表面部分を少し水で湿らせてから焼印してみてください。焼きにじみを抑えて少しはクッキリとした®マークができるかと思います!

GRAPE BRAIN様の丸太にロゴ焼印の画像


グレイプ ブレイン様の丸太にロゴ焼印!

電気式セットでご購入いただきましたお客様へ

焼印を電気の力(パワー)で、加熱する電気式セットは、家庭用のコンセントでご利用いただけるので、焼印本舗でも人気のセット商品となります。通電させている間は、高温を保つようになっている電気式のコテですが、電源をつけっぱなしにしている時間が長くなると故障してしまうことがあります。(主にヒーターの焼き付きによる断線)

長くご利用いただくためにも、電気式セットの注意点や保管方法なども、このブログでも、口すっぱくご案内するようにします!

長持ちさせる2つのポイント

焼きゴテの主な故障の原因は上記に書いた通り、長時間の連続使用と空焚き。 それではどうすれば長持ちさせる事ができるかについてですが、気をつけてほしいポイントは2つだけ!

1回の連続使用時間を短くする

短時間で高温になるため、できる限り一度の作業時間を短くしてください。 推奨の作業時間は、1回の作業に1時間程度。 焼印加工の際に、中断するような場合には、必ず電源をオフにしてください。

長持ちさせる保管の方法

焼印加工が終わってからの保管方法に長持ちさせるもうひとつのポイントがあります。 加工が終わった際には、焼印も焼きゴテも高温の為、30分程度、自然に冷ます必要があります。 ある程度冷めた後に、焼きゴテから焼印を外して保管するようにします。 そうすることで、焼きゴテに焼印が焼きつくのを防いだり、加工の際にでてしまう焼きゴテの中にススのようなものも焼印を取り外す事できれいに保てるようになります。 電気式焼印の仕組みは、以下に記載しておりますのでご確認ください。



事例紹介 / 木材 / 電気式焼印
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター