超簡単!電気ゴテを長持ちさせるお手入れ方法

『熱が上がらない・・・』『どんどん焼き目が入りにくくなって困っています・・・』 という症状は焼きゴテを使う電気式焼印でよく起きてしまう問題です。

電気式焼印で使う焼きゴテは、短時間で高温での加工ができる道具です。 コンセントに入れれば、約10分程度で予熱はOK!その温度は550度前後の為、一回の作業時間が長すぎる場合や、空焚きなどが主な故障の原因となります。

焼印加工を導入される多くの方が、簡単な準備で始める事ができる電気式焼印をお選びいただいております。 焼きゴテのくせを知っていただく事で、長くご利用いただけますので、寿命が長くなる使い方やお手入れ方法についてご紹介させていただきます。

長持ちさせる2つのポイント

焼きゴテの主な故障の原因は上記に書いた通り、長時間の連続使用と空焚き。 それではどうすれば長持ちさせる事ができるかについてですが、気をつけてほしいポイントは2つだけ!

1回の連続使用時間を短くする

短時間で高温になるため、できる限り一度の作業時間を短くしてください。 推奨の作業時間は、1回の作業に1時間程度。 焼印加工の際に、中断するような場合には、必ず電源をオフにしてください。

長持ちさせる保管の方法

焼印加工が終わってからの保管方法に長持ちさせるもうひとつのポイントがあります。 加工が終わった際には、焼印も焼きゴテも高温の為、30分程度、自然に冷ます必要があります。 ある程度冷めた後に、焼きゴテから焼印を外して保管するようにします。 そうすることで、焼きゴテに焼印が焼きつくのを防いだり、加工の際にでてしまう焼きゴテの中にススのようなものも焼印を取り外す事できれいに保てるようになります。 電気式焼印の仕組みは、以下に記載しておりますのでご確認ください。

焼印の仕組み

電気式焼印は、焼印・軸・焼きゴテの3つのパーツを組み合わせる仕様になっています。

焼印の裏にあけてある8mmの軸穴が焼印本舗(旧レザーツールズ)の焼印の特長。 焼印の構成を、バラバラにしていることで、同じ焼印・刻印でも加工方法を変えて使うことができます。 直火式焼印の場合は、持ち手棒にスイッチ可能です! ホットスタンプで使う場合でも、ボンディングテープや専用の短い軸でセット可能です。 まずは、焼印と軸を組み合わせていきます。 焼印と軸をセットしたものを、焼きゴテに差し込みます。準備完了! コンセントに差し込み予熱を待てば加工開始OKです。 保管の際には、焼印+軸を焼きゴテから取り外してあげます。 くれぐれも火傷に注意して作業をしてください。

電気式焼印の関連する記事はこちら
電気式の焼印をやるなら、まずはここを見てください。

 


お悩み・q&a / お手入れ・メンテナンス / 実際に焼印をしてみよう
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター
お試し焼印セット
名入れ用真鍮文字アルファベット

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

お菓子

どの焼印を選べばいいかわからない?

どら焼き

やきいん探訪

オリジナル焼印

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押し

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

木材

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット

食品


お試し焼印セット

名入れ用真鍮文字アルファベット