名入れサービスの文字の大きさ選びに迷ったら?

今日の試し押しは、名入れの真鍮文字での加工となります。文字サイズの違いを箔押しの仕上がりで確かめていきます!名入れサービスを自社ではじめる際の文字の大きさ選びについてもご説明しております。

革・合皮への名入れ箔押し加工の画像

真鍮文字の文字サイズの基準は、文字の縦の長さとしております。基準にしているのが、アルファベットの先頭の大文字のAの縦の長さです。文字の横幅は、文字の種類により違いがあるため、文字サイズの基準は、縦の長さです。

文字サイズを決める際には、製品や素材の大きさの名入れができる有効な範囲を確かめてからのご検討がおすすめです。名入れできる面積がわかった場合、次に、どのパターンでの名入れをされるかを決めていきます。

名入れパターンとは、イニシャル、姓のみもしくは名前、フルネームのように名前をどうやって加工するかを決めていきます。複数のパターンでの名入れサービスをされる場合には、一番長い面積を要するフルネームで文字サイズを逆算していきます。

文字セットをなんとなくのサイズで作ってしまうと、名入れサービス導入後に困ってしまいますので、ご注意くださいませ!

名入れ箔押し加工文字サイズ3mmの画像

文字サイズ縦幅 3mmのかなり小さな箔押しの仕上がり具合です。

ここまで小さい文字での箔押しの場合、大文字Aの内側の△の部分に箔が残ってしまいがちです。文字サイズが小さく、圧力自体はかかりやすいため、箔自体は綺麗にしっかりと定着しております。

試し押しの革にはシボの型押しがあるため、箔押しの仕上がりのムラが心配でしたが、きれいにできました。

名入れ箔押し加工文字サイズ5mmの画像

次に、文字サイズ縦幅5mmの箔押しの仕上がり具合。標準サイズとしている5mmの箔押しでは、Aの△もきれいに抜けており仕上がりもいい感じです。

文字サイズ5mmを標準サイズにしていることにも理由があります。名入れセットをフルネーム対応で揃える際には、大文字だけではなく、小文字もセットになっています。そのため、大文字5mmの時の小文字の縦幅は、約2.5mm~3mm程度の大きさになります。

小文字もあわせての製作の場合には、小文字の大きさも無理なく加工ができる程度の大きさでご検討することが重要です!

名入れの真鍮文字アルファベットセットのお問い合わせの際には、ご希望のフォントとセット名などお教えいただけましたら、実寸サイズの製作データをご準備いたします。お手元で印刷していただき製品サイズにあてはめてご検討いただけます。

実際の製品、素材での仕上がりは、無料試し押しモニターなど、お気軽にご利用いただけましたら幸いです!

 


試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター