ねらった位置にきれいな加工をしたい。簡単なお手製の治具(じぐ)をつくる。【合皮ベルト】

合皮の素材への加工の試し押しのご紹介です。素材の幅が短くうまく中央に加工を入れるには 少しだけ準備が必要となります。 電気式焼印(半田ゴテ)を利用して加工していきます。 合皮素材へ電気式焼印で加工をする時に、気をつける事は温度です。 半田ゴテでの加熱の場合、革や合皮などの型押し加工の適温を超えてしまいます。 パワーコントローラー(温度調整機)などを利用しましょう。 また、半田ゴテでの焼印加工では、手動で加工する事になるので狙った位置にきれいに押す事が難しくなります。 合皮のベルトなどの長い素材で幅が短いものだと特に思っている場所に加工をするのが難しくなります。 そういう時には、治具を用意します。しかも、家にある物や、100円SHOP、ホームセンターなどでお金をかけずに準備する事ができます。 ものさしのような型枠を、木の端材でつくりました。 決まった形状で、決められた位置に加工する場合は、簡単に位置合わせができる治具を用意しましょう。これは、焼印・刻印・箔押し加工でも同じことが言えます。 ご予算にもよりますが、温度調整が可能なホットスタンプなどの機材があれば位置合わせや適温などの調整もしやすくなります。 電気式焼印でも工夫次第でこれだけきれいに型押しができますのでご参考にしていただければ幸いです。 誰でも簡単に焼印加工を自作できる 簡単準備で始める電気式焼印セット

入門・基礎知識 / 実際に型押しをしてみよう / 実際に焼印をしてみよう / 店長おかどめの日記 / 焼印道具 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター
お試し焼印セット
お試し焼印セット

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

どら焼き

やきいん探訪

オリジナル焼印

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押し

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット

食品


名入れ用真鍮文字アルファベット
名入れ用真鍮文字アルファベット