刻印・型押し加工の仕上がりの違いの原因は?合皮生地へのロゴ入れ

暑すぎて溶けてしまいそうな気温が続いております。外の気温も高いですが、ロゴ入れ加工の際のホットスタンプはもっと熱い!

今日は、合皮素材への刻印加工の試し押しをさせていただきました。

合皮生地への刻印・型押し加工の画像

合皮生地への型押し・刻印加工では、設定温度の目安は110~160℃でほとんど対応ができるかと思います。合皮、人工皮革などへの型押しの温度にこれだけの差があるのは、使用されている合皮の原料によるものです。

ベースとなる生地の上にゴムのような合成樹脂をコーティングして作られている生地のため、表面に塗布されている合成樹脂の原料によって溶け出す温度にも違いがでます。

また、刻印の深さについてですが、材料にあわせた適温であまり力をいれなくても刻印は入ります。深さ 刻印の仕上がり具合は、押す人の技量(テクニック)の差ではなく、上側に塗布されている合成樹脂の厚みで決まります。

今回、試し押しで加工させていただきました生地も厚みにより深みが違うため、ぱっと見の仕上がり具合にも、浅い、深いの印象に違いが生じています。

無料の試し押しサービス

弊社では箔押しや焼印ができるか不安な場合は、まずは試し押しをオススメしております。

せっかくご注文頂いたのに、自社の商品に利用できなかった!なんていうのはとても残念です。ですので、しっかり希望することができるかどうかを事前に試して頂いた方が無駄なコストをかけずに済みます。

自社商品への試し押しの結果をご確認後に、導入するかどうかの最終判断をして頂ければと思っております。

【試し押し種類】名入れ用文字・ロゴやイラスト
【加工の種類】焼印・刻印/型押し・箔押し・打刻
【ご要望】試し押しについてのご要望をご記入ください。例)電気式の焼印で仕上がりを確認したい。

無料の試し押しサービスのお申込みフォームはこちら


革・合皮
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター