ウレタン系素材への刻印加工をしてみました!ホットスタンプ

今日も、しっかり試し押しをさせていただきました!ウレタンスポンジ、梱包する際の緩衝材でよくみる素材です。

プラスチック系の素材には温度調整しながらの加工が必須です! 電気式や直火式など高温での焼き付け作業をしてしまうと、このような素材は溶けてしまいます。使用する機材は、温度調整ができるホットスタンプTW350。

上が130度 下が170度 での型押し加工 ホットスタンプTW350 素材がやわらかいため、グッと押し込んだ際に、土台部分まであとがついてしまいます。やわらかい素材への加工をする場合には、事前にお伝えいただけましたら、オリジナル焼印の彫りの高さを上げての製作が可能です!

裏側に、設定温度130度で加減しながらの型押し加工をしました! 試し押しでは、設定温度や押しつけ具合などを、テストしながら、最善の方法をみつけるようにしております。サンプルのご返送の際には、加工の際の一言メモを添えてご案内をさせていただきます。

試し押し無料モニターは、サンプルをお送りいただく往復の送料のみで誰でもご利用いただけます!明日はプリンに焼印だ!



ホットスタンプ(型押し) / 型押し・刻印加工 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター