日本で一番高い?焼印。価格じゃなく高さ!登山の杖の新デザイン発表

焼印本舗のオーダー焼印の中では、日本で一番高い場所で活躍している焼印。木曾の名山「御嶽山」にある山小屋『二ノ池山荘』の小寺様より、昨年に引き続き2020年用の新しいデザインでオーダーいただきました!

「二ノ池」は、日本最高所の湖(標高2,905m) 登山で使用するヒノキの杖に登山証明のような形で焼印をご利用いただいております。木製の杖を持っていない方には、小さな板に押して、「焼印札」としても使われています!

焼印(ステンレス製)の特注サイズ、直火式でガッツリ焼き入れできます! 昨年のデザインよりも、さらに細かい!美しい模様と令和二年が入っている記念ロゴ。いつも納品後すぐに試し打ちのお写真をいただけます。私にとっても、初夏の訪れを感じる嬉しいお手紙のようです。

木札への焼印の試し押し、焼印加工がきれいに入ってます! 濃い焼き目で男前な焼印に仕上がってます。多少の焼きにじみは、焼き印にしか出せない味わいです。小寺さまよりいただきました、メッセージをご紹介させていただきます。

今年も焼印を制作して頂きまして誠に有難うございます。細かなデザインにも関わらず、完璧な仕上がりと押し具合に大変感動しました。 コロナ感染の影響で山小屋の経営は厳しいと思いますが、一人でも多くの方にこの焼印を届けたいという思いを胸に、来月から2905メートルの職場へ向かいます。 令和3年も何卒宜しくお願い致します。 二ノ池山荘合同会社 小寺祐介

コロナウィルス感染拡大の終息がいまだ完全では無いのですが、コロナ後の生き方をそろそろ考えていかなければならない時期に来ています。ソーシャルディスタンスやマスクなど、最近では当たり前に身についてきました。

すべての楽しみが、制限されてしまうのも寂しいもんです。プロスポーツの世界でも無観客でリーグ戦再開している国もありますし、それぞれの状況に合わせて知恵を絞りながら少しずつ前に進んでいければいいですね!

コロナ終息後に、行ってみたい場所、会ってみたい人リストが、どんどん増えてきてます!インスタグラムやFacebookなどSNSでつながっているおかげで、遠く離れたお客様も、身近に感じることができます!

さらに、今日はもう一件嬉しいメッセージもいただきました!コロナウィルス騒動の中でも、毎日ブログ書き続けている私にとっては、この上ない嬉しいお言葉です。いただきましたお声を明日への活力・パワーに変えて、もっと頑張れそう!

岡留さんのfacebookの記事、いつも楽しく拝見させて頂いております。 いろんな使い方が出ていてとても参考になります。 弊社でも、使い始めましたら是非fbに出したいと思っております。

焼印本舗でも、金曜日をご来店いただける日にさせていただいております。緊急事態宣言発令後、事前にお客様と相談させてもらいながらご対応をしております。ご不便おかけすることもありますが、引き続きよろしくお願いいたします!


 

 


オリジナル焼印 / 事例紹介 / 店長おかどめの日記 / 木材 / 焼印(ステンレス製)
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター