素材を知り、仕上がり具合を知れば百戦危うからず!失敗しない焼印オーダー

焼き目が入る素材であれば、焼印でロゴをいれることができます!主に木製品、革製品、食品でご利用いただいております。焼印オーダーについて、たくさんのお問い合わせやご相談をいただくのですが、ロゴ入れをする素材は多種多様で、ほんとうにいろいろなものがあります。

畳への焼印、木札への焼印、金属への打刻印、するめへの焼印などなど、こちらから、聞き直してしまうような素材へのご相談もいっぱいいただきます!

焼印をする素材が同じ場合でも、焼印のデザインや大きさには違いがあるため、お客様ごとにご提案させていただく内容には違いがあります。

焼印加工をする素材についての疑問、仕上がり具合などには、これまでの経験を基にご説明をさせていただいておりますが、いまだかつて焼印でのロゴ入れをしたことがない素材については、試し押しのサービスのご案内をするようにしています。

自分でも焼印したことがないモノ、仕上がり具合の予想がつきにくいモノについては自信をもってご提案できません。ご依頼いただく際には、その道の専門家・プロの方からのご相談いただくことが多いので、加工する素材などについては逆に質問をさせていただくことも多いです!

孫氏の兵法の焼印オーダーの失敗しないバージョンでいうと『素材を知り、仕上がり具合を知れば百戦危うからず!』こんな感じ。

焼き目の入り具合を、知っておくことで焼印デザインをチェックする際の線の太さや隙間など、より具体的にご提案ができるようになります。デザインも大事なのですが、どのようなものにロゴを入れるのかが最も重要なポイントです!

オリジナルの焼印をデザイン通りに彫るのは当たり前なのですが、焼印本舗では、焼印の仕上がりを重視しております。用途、設備にあわせた使いやすいオリジナル焼印をお届けできるように、毎日フル回転でご案内・ご提案を続けております!まずは、お気軽にお声がけください!!


焼印について
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター