真夏にぴったり!フルーツにロゴ焼印でインスタ映え間違いなし!

あっという間にお盆休みが終わり、今日もおかげさまで忙しく充実した1日となりました。今日は暑い季節に、ピッタリの爽やかなフルーツに焼印のご紹介をさせていただきます!

果物(フルーツ)に印刷したかのようにロゴが焼印で押されています! フルーツへの焼印加工では、電気式でも直火式でもどちらのやり方でも加工ができます。

最近では、調理場(キッチン)がIHのところが増えてきているようで、どちらかというと電気式セットが人気のようです。

導入していただきましたのは、東京シーサイド 日の出・竹芝エリアのイタリアン・スパニッシュレストラン ビサイドシーサイド様です!

「食」をベースに「遊び」と「学び」のイベントを開催するニュートラルなダイニングがキャッチコピー。テイクアウトやネットオーダーもあるようです!

CAJYUTTAで絞ったフレッシュなフルーツジュース Beside Seaside(ビサイド シーサイド)さんで楽しめるフルーツジュースは、直接ストローをさして飲む生絞りの100%ジュース!炭酸やお酒に入れて生絞りサワーにも出来るようです!

爽やかすぎる見た目は、インスタ映え間違いなし! ロゴサイズは、横40mm縦24mm あまり大きいサイズで作ってしまうと、フルーツの曲面に焼印するのが難しくなります。ちょうど良いサイズですね!

2020年6月にオープンしたばっかりのフレッシュなお店の生絞りサワー! ブルックリンテイストのお洒落な内装のクラフトサワーダイナー CAJYULABOさまにも導入していただきました!

焼印直火式セットで濃い焼き目がきれいに入っていますね。横長ロングな6センチのロゴサイズです。直火用の持ち手棒は、力を入れやすいまっすぐのストレート型。

フルーツの他にもメニューボードや段ボールにも焼印が出来る! 自分で宣伝するよりもお客様がSNSで投稿してもらう方が信用性が高まります。そんな時、お店の商品にロゴが入っていると効果抜群!焼印のひと手間を惜しまなければ、きっと焼印効果を実感していただけるかと思います!

バナナに焼印の実験したときの加工写真です。 どんなフルーツでも、焼印が入る??実は、そういうわけでもないのです。特にこの写真にしてあるバナナは避けてくださいね。焼印したあとから、黒く変色してしまいます。

3分後には私の顔が判別できないぐらい真っ黒になりました。 フルーツへの焼印では、果樹がおすすめです。グレープフルーツ、レモン、ライムなど表皮がしっかりしているフルーツ。

 

↓こちらの記事も合わせてどうぞ↓

フルーツの皮に焼印をしてみました。そんなバナナな結果です。

オーダーメイド焼印が簡単に作れる?知っておくべきポイントまとめ

焼印オーダーの6通りのパターン!価格?電気?もう迷わない選び方!

 


その他の食品 / 事例紹介 / 店長おかどめの日記 / 焼印加工 / 食品
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター