段ボール・包装資材への名入れ(焼印)加工をホットスタンプで!

ホットスタンプは、温度調整をしながら刻印(型押し)箔押しから焼印加工をすることができます。最大温度は、350℃です。木や紙などにも焼き目をいれることができる温度です。今回は、段ボールへの名入れ焼印のご紹介です!

段ボールに名入れ焼印の画像

同じ温度でも押し付けている時間(秒数)の違いで仕上がりの焼き色にも違いがあります。

焼き目が入りやすそうなイメージがある段ボール(紙の素材)ですが、燃焼温度は意外と高いんです。木材などに焼印をするよりも、押し付けている時間は長く加工する必要があります。

ダンボールへの焼印のデザインについて

 一般的な茶色の段ボールへの焼印加工の場合は、白地とは違うので控え目な仕上がりになります。データ入稿の際には、使用する予定の紙など素材の詳細もご指示いただければ、デザインデータの確認の際に、より具体的なご提案が可能になります。

紙類の素材の加工と仕上がりについて

 紙への箔押し加工

木の表皮(紙類??)への箔押し加工

【紙の種類別】紙に焼印加工ってできるの?仕上がりと焼印やり方まとめ

公式チャンネルはこちら⇒焼印本舗公式のYouTubeチャンネル

 


ホットスタンプ(焼印)
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター