ホットスタンプで焼印・箔押し・型押し加工をこれ一台で!

今日の試し押しのご紹介は、合皮・木材・紙への加工になります。ホットスタンプTW350を使ってロゴ入れや名入れ加工をテストしていきます!

試し押しサービスの画像

紙袋への箔押しでは、紙用の箔を使います。設定温度は120℃です。紙袋は袋状になっているので、中にゴムマットをいれての加工をしています。

ペーパーバッグに箔押し加工の画像

次に木製スプーンへの名入れ焼印です。ホットスタンプの設定温度を350℃にあわせて、焼き目をいれていきます。柄の部分はフラットではないため、少し難しいのですが、なるべく水平な部分にムラなく焼き目をつけるように注意しながらの加工となります。

スプーンに焼印加工の画像

合皮テープへの型押し加工は、ホットスタンプの設定温度を120℃にあわせて加工をしていきます。合皮素材への加工は、焼き目が入りませんので型押し加工もしくは箔押し加工のいずれかのみとなります。

合皮テープに型押し加工の画像

次に、同じ合皮テープへの箔押し加工です。こちらも設定温度は120℃での加工になります。

合皮テープに箔押し加工の画像

ホットスタンプTW350でのロゴ入れ、名入れ加工は素材や表現する加工にあわせて温度を調整しながらの加工ができます。いろいろな素材でご利用いただけます!

 


試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター