ビニールテープに焼印でロゴをいれる?焼印電気式セット

今日の試し押しはビニールテープへのロゴ入れになります。温度調整ができるホットスタンプTW350ではなく、焼印電気式セットでの加工にてテストしていきます!

ビニールテープにロゴ入れ加工の画像

柔軟性と耐水性があるビニールテープですが、種類によっては熱に強い種類もあるようです。一般的なビニールテープは高温に弱く、90℃ほどの高温に耐える耐熱テープというものもあります。

ビニールテープにロゴ入れ加工(電気式焼印)の画像 

焼印電気式セットでロゴ入れ。電気ゴテの温度帯は500℃前後になっています。表面のビニールの層が溶けてすべりやすいため、位置決めをしたらずれないように押すことがポイント!

ビニールテープにロゴ入れ加工(電気式焼印)の画像

ビニールテープへのロゴ入れの仕上がりですが、正確にはビニール部分が溶けて下地の素材に焼き目が入っている状態です。

ビニールやナイロンなどへのロゴ入れを焼印でする場合には、煙が発生しますので屋内での加工の場合には換気が必要です!

電気式焼印での加工では、温度のコントロールができないため、焼き目が入らない素材(溶けてしまう素材)への加工では仕上がりにムラがでてしまいます。明日は、温度調整ができるホットスタンプTW350で、型押しと箔押しをご紹介する予定です!



その他の素材 / 試し押し / 電気式焼印
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター