金属の質感でロゴ入れをするなら!箔押しも自分で加工できる!

箔押し加工は、熱と圧力で専用の箔のフィルムを熱転写してロゴや文字を表現します。そのため、箔に定められた一定の温度で均等な圧力をかけての加工が必要です。加工道具は,ホットスタンプTW350がおすすめ!

ゴールドの箔押し加工の試し押しの画像

いろいろな素材での箔押し加工をされる場合には、革用の箔とナイロン用の箔をご用意していただければ、便利です。 箔は、幅8センチ×120mが1巻なので、一本でもかなりの回数は加工できます。

多くの素材が、110度の設定温度の革用の箔で加工できるのですが、つるっとしている系の素材だと、設定温度130度のナイロン用箔でないと綺麗に定着しない!という場合もあります。

熱圧着方式の箔では、素材ごとに、定着しやすい接着剤の層が練り込まれております。決められた設定温度で加工することで、接着剤が活性し、素材にペタッと張り付く仕様になっています。箔押し加工の設定温度というものは、箔により決まっています!

素材によっては、設定温度よりも10度高くすることでよく定着するということもあるのですが、基本的には、箔ごとの設定温度を守って加工していただくと綺麗に箔押し加工をすることができます!

ゴールドの箔押し加工の試し押しの画像

焼印や刻印(型押し)、箔押し加工などの仕上がりを実際のサンプルで試し押しをさせていただきます!無料モニターへのご登録はホームページから簡単にお申し込みいただけます。試し押しサービスの費用は無料です。※サンプル手配の往復の送料のみご負担となります。


箔押し加工 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター