立体成型作り方 2

しっかり革に水分が浸透したら水分をタオル等を使い軽く水分を取って下さい。

軽くタオルで拭いて位でOKです。次に、型取りするカッターナイフをラップで包みます。 革の水分が直接カッターナイフに付かない様にする為です。

ホームセンター等で梱包用のロールタイプのラップが売っているので是非購入して下さい。何かと、とっても便利です。

立体10.jpg 立体11.jpg

次に、型取りする為の台に置のですが、先にカットした厚紙(約2mm)を先に敷き、その上にカッターナイフを置きます。

革は乾くと縮むので必ず2mmくらいの厚紙等を敷いて下さい。次に、いよいよ先ほどの水を含ませた革をカッターナイフの上に置きます。

立体12.jpg

しっかり置き場所を確認して下さい、特に上部カッターナイフの取り出し口にあたる部分は今後修正が効かないので。

それと幅に対してしっかりセンターにおいて下さい。

立体13.jpg

立体成型作り方 3に 続く


店長おかどめの日記
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター