オリジナルの焼印加工のはじめ方。直火式(じかびしき)

焼印の加工方法には、主に電気式と直火式の2種類があります。 コンセントに差し込むだけの手軽な電気式、直接、火であたためて焼印をする直火式。 素材、数量、設備環境、仕上がり、ご予算などによりあなたにピッタリな焼印の自作加工のやり方があります。 今回は、直火式焼印についてのご紹介です。 焼印(真鍮製)には、裏側に8mmの軸穴があけてあります。 この軸穴があることで同じ焼印で、電気式と直火式の2つのやり方も、機材を変えることでご利用いただけます。 焼印と道具も取り外すことができるので、道具はひとつで!デザイン違いの焼印も使えます! 焼印の例.jpg 直火式焼印のやり方についてのご説明になります。 直火式1.jpg 直火棒のタイプを選ぶ場合は、硬い素材にする時は力が伝えやすいストレート型。 食品などやわらかい素材に焼印をする場合は、L字型を! 直火式1-1.jpg 直火式1-2.jpg ※高温で使用する場合は、鉄製版(ステンレス製)もございます! 直火式1-3.jpg もちろん、焼印の大きさにより加熱温度はかわりますので、端材などでの試押しにて温度を確認してみてください! 直火式1-4.jpg 直火式1-5.jpg 直火式のメリット・長所は、電気式よりも、濃い焼き目をつける事ができること。 大きいサイズの焼印や、柔らかい食品などへの焼印の場合は、電気式よりも、直火式の方がおすすめです。 水分を含むような食材などへの焼き付け加工では、電気式よりも瞬間的な火力が出せる直火式が仕上げやすい。 もちろん、少しの練習は必要ですが! ご予算も、電気式よりも安く揃います。 いろいろな素材に焼印をしてきた店長おかどめの私見ですが食品・木製品との焼印加工の相性は直火式が断然合っています! 直火式のセットで焼印をするならコチラ ⇒直火用 焼印 真鍮製(直火用持ち手棒つき)

入門・基礎知識 / 焼印(やきいん)とは?
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター
お試し焼印セット
お試し焼印セット

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

どら焼き

やきいん探訪

オリジナル焼印

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押し

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット

食品


名入れ用真鍮文字アルファベット
名入れ用真鍮文字アルファベット