7月のスタートもやっぱり焼印から!油揚げへのロゴ焼き印

今日から7月のスタートです!朝から新しいご依頼・ご相談のメールや電話をたくさんいただきました。まだ、梅雨が明けていないので天気も良くない日が続いておりますが、これから暑~い夏の季節に変わっていきます。 商品開発で焼印オーダーをご検討されているお客様にご来店いただきました。コロナ対策でクーラーつけながらですが、入り口のドアも開けているので蚊がスゴイ・・・襲いくる蚊をよけながらの焼印の試し押しをさせていただきました!痒い・・・ 試し押しの素材は、乾燥した油揚げです。もちろんですが、素材に染み込んでいる油も多く焼印する相手としは強敵です!そして、なにより乾燥しているので表面のでこぼこもすごいんです。 焼印加工をきれいにするためには、熱した焼印の印面をまんべんなく押し当てることが大切です。凹凸がある素材への焼印では、凸の部分が焼印にあたっている時間が凹よりも長くなりますので焼きつぶれてしまいやすくなります。 乾燥油揚げは、やわらかさが無いため、強く押し込むと割れてしまうんです。見た目以上に難しい!!これまでに、フリーズドライのあげさんや、おいなりさんに使うようなしっとりした油揚げには焼印したことあったので、簡単にはいると予想しておりました・・・ 今回の乾燥油揚げへの加工のポイントは、焼き目をいれない、型押し加工に近い表現でロゴをいれること。低めの印面温度で焼印を押しあてると、じんわりロゴのカタチに沈んでいきます。黒い焼き目が入ってしまう前に焼印をはなす!焼き目は焦げの黒ではなく、きつね色!これが、今回の乾燥油揚げへのロゴ入れへのおすすめの方法です。 やはり、やってみないとわからないことがありますので、焼印オーダーの前には、どのような素材にロゴや文字を入れたいかの詳細を具体的に教えてください。できる限り使いやすいようにデータチェックや加工道具のセットをご提案させていただきます。 ご来店や試し押しでさせていただく加工で、どんどん店長おかどめがパワーアップします。成功や失敗の数だけ、強くなります!さぁ、7月も元気に頑張ってまいります! https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/free_trial/post-8062.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/gourmet/post-13172.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/lets_branding/gyouza-logo-stamping.html

店長おかどめの日記
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター