日本発カナダ行き!焼印本舗はグローバル企業になれる!?

わたしの子供の頃の夢が少しだけ実現しようとしています。なぜそんな事を思っていたのかさえも忘れてしまいましたが、『将来海外で仕事をする!』みたいなことを思っていた記憶があります。

二年生の次男が、将来の夢という授業があったようで、不意に質問されたことがきっかけで、忘れかけていた記憶が蘇りました。ちなみに、息子はゲーム実況のYoutuber…だそうです。

焼印本舗では、日本国内だけではなく海外からの焼印オーダーも承っております。これまでに、アメリカ(ニューヨーク、カリフォルニア、ロサンゼルス、ハワイ)・カナダ・中国・台湾・香港・タイ・ニュージーランド・イタリア・カンボジア・フランスなどの国へ焼印をお届けしてまいりました。

「世界の果てまでイッテQ!」のイモトさんの118カ国には及びませんが、EMSやFEDEXなどの運送会社様に焼印を世界にお届けしております。 子供の頃の夢である、海外で!ということでは無いのですが、海外と!っていう事にしておけば、ほぼ夢が叶っていると甘めに解釈し、次男に少しだけ胸を張って『お父さんは夢叶えたよ・・・』と、伝えました。

カナダで活躍してくれることを思い浮かべながら最後のチェック! 送り先は、カナダですが、デザインはジャパニーズスタイル。カナダには行ったことがありませんが、とても住みやすそうなイメージです。ワーキングホリデーや語学留学などでもポピュラーな国ですね。無理やり、英語っぽいカタカナを多用していると、何書いているかわかりづらい! Ready for branding to Ontario!Please wait for a while until the goods arrive.

ボンジュール!こちらのステンレス製の焼印はフランスへ出発予定です ケーキへの焼印なので、デザインの彫りの高さをいつもより上げて、焼印の土台部分もできる限りそぎ落として仕上げたキワ切り加工。

あまり、高くし過ぎると耐久性が無くなってしまうので、バランスを見ながら調整させていただきました。 Prêt pour le départ bientôt!S'il te plaît attend un moment ←グーグルの翻訳 

フランス語ですが、まったくわかっていませんので間違えているかもしれません。Merci beaucoup. 新婚両行の行先の一つとしてヨーロッパも候補にしていたのですが、飛行機代でハワイにしました。

それでも、結局なんやかやでトータルの使ったお金計算するとヨーロッパでも良かったような気がします。10年前の事を今さら悔やんでも仕方ありませんが、一度は行ってみたいですね!花の都パリに!このフレーズもすでに死語かもしれません。

海外で、焼印電気式セットをご利用される場合には、必ず電圧の確認をしてからご注文をご検討ください。国により、電圧が違うため日本国内用の製品をそのまま使用された場合には故障してしまうことがあります。

変圧器を使った場合でも、問題なく焼印が使えるかは不安が残ります。 電気式焼印でのご依頼の場合には、電気ゴテなどは自国調達がおすすめです。取り付けができる専用のアタッチメントを一緒にお作りさせていただきますので、印面サイズに合わせた熱量が出せる電気ゴテをご用意ください。

コテ先の仕様などの詳細のご指示をいただくだけでOK! それでも、海外でのご利用に一番のオススメの商品は直火式焼印セットになります。直接の火で加熱する焼印なので、火は世界共通ですから。※IHの設備は除きます・・・

 

海外発送の際の送料について

海外発送につきましては、EMS・FEDEXにて発送させていただいております。お送りする場所や重さにより送料が別途必要となります。

どこに送るか?何を送るか?をお知らせいただけましたら、海外発送時のおおよその送料をご提示させていただきます。 海外発送時の送料のお支払いにつきましては、発送完了後に正確な送料が確定致しますので、その時点でクレジット決済または銀行振込を選んでお支払いをお願いします。

その他、海外発送についてご不明な点がございましたら、お気軽にご相談いただければと思います。


事例紹介 / 店長おかどめの日記 / 海外発送
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター