簡単オーダーメイド!焼印の金属の選び方

オリジナルのデザインでつくる焼印は、革・木・食品などいろいろな素材へのロゴ入れでご利用いただけます。

最近では、氷や石鹸などへの刻印(型押し)加工でのご依頼が増えております!

焼印の金属の選び方を簡単にご紹介させていただきます。

「真鍮とステンレス製の違いは何ですか?」

オリジナル焼印の金属が2種類ある為、はじめての方にはどちらの金属を選べばいいのか迷ってしまうかと思います。それぞれの金属について少しだけ知っていれば自分にぴったりな素材を選びやすくなりますのでご参考にしてみてください!

衛生面から選ぶ 木や革などへは真鍮製、食品用にはステンレス製がおすすめです。 耐熱性から選ぶ 耐熱性にも違いがあるため、直火の焼印をする場合にガスバーナーや炭火など高温での加熱をされる場合にはステンレス製の焼印をお選びください。

耐久性から選ぶ 真鍮は比較的やわらかい金属の為、切削加工がしやすく納期も早い焼印の素材です。ステンレス製は真鍮と比べると硬い金属で長くご利用いただく場合の焼印の素材にオススメです。

お問い合わせの際に、何に焼印をするのか?を教えてください!オススメの金属の焼印をご提案いたします!

真鍮とステンレスの違いについての記事はこちら

革製品・木製品への焼印におすすめの金属は、真鍮製 

お届け納期の目安は、製作開始日より約1週間から10日程度

食品への焼印におすすめの金属はステンレス製

お届け納期の目安は、製作開始日より約10日から14日程度

焼印をどのようなものに使うか用途や設備、ご予算などにあわせてご提案をさせていただきます。事前のデータチェックや、お問い合わせの際はこちら


 


焼印について / 焼印(ステンレス製) / 焼印(真鍮製)
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター