ラミネート生地に名前を箔押しで入れてみよう!

ラミネート生地は麻や綿の生地にPVC(塩化ビニール)がコーティングされています。テーブルクロスや化粧ポーチなどでよく使われている防水性に優れた生地です。今回の試し押しの素材はラミネート生地に箔押し加工で名前を入れてみよう!です。早速ホットスタンプで試してみます。 名入れ用真鍮文字アルファベットとホットスタンプの写真です。 店長おかどめを探せ!見つけても特に何もございません。。。名入れで使うのは、真鍮文字アルファベットセット。 リバティプリントデザインや無地のラミネート生地 素材が薄いのでゴムマットをクッションがわりにおいてます! しっかりラミネート生地に名前の箔が定着しています。 設定温度は、130℃。ナイロンやビニール系の素材の場合は、130℃でつくナイロン用の箔で加工をしています。革・紙用の箔だと温度を上げても箔が定着いたしません。接着剤の種類がちがうのです!ただそれだけです= 無地の紺色ラミネート生地にゴールドの箔押し!きれい! このあと、シルバー箔でも加工しました!もちろん、きれいにできました! ポイントは、ひとつだけ!素材の厚みが薄いので、クッションのゴムマット(硬めがおすすめ)を敷いてから加工をすることです。 本日も一件、ご来店での名入れレクチャーをさせていただきました。ノート(紙)への名入れをご検討のお客様でした。箔押し加工を体験していただき、名入れサービス導入に関する疑問もスッキリ解消!実際に名入れ加工をしていただくことで、導入後のオペレーションなどがより明確にすることができるかと思います! 大阪からお越しいただいたお客様だったので、『わからなかったらまた来まぁ~す!』と雨の中、元気にお帰りになられました!

箔押し加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター