焼印や箔押し、刻印のデザインに困ったら?

オリジナル焼印・刻印のオーダーの際にはデザインデータのご入稿をお願いしております。データのご入稿の際の、データ形式(種類)については特に決まりはございません。
※Aiデータ(アウトライン化処理済み)でのご入稿の場合には、ご入稿いただいた通りに製作いたします。

スマホで撮影された画像データ、無料のアプリなどで作成されたデータ、手書きのデザインからなど、いろいろな種類のデザインから焼印・刻印がつくれます!

サイズ別の定額なので、焼印・刻印の大きさで製作代金が決まっております。データ入稿の手順については、ホームページからのご注文の後から、もしくはご注文前のご相談・お問い合わせからのどちらの手順でも大丈夫です。

データのご入稿後には、こちらでデータチェックをさせていただきます。製作イメージ図をPDFデータにして、ご案内させていただきます。ご注文登録、データ入稿をしていただくだけでは、製作開始の工程には進みませんのでご安心とご注意をお願いします。

必ず、こちらからご案内する製作データをご確認いただき、最終確認のご指示をいただけませんと製作のスタートがきれません。デザインや焼印サイズの大きさなど、間違えてはいけませんので、ここだけは省略することができません!

 

 

オリジナル焼印のデザイン作成の画像

デザインチェック、データ補正で特に気をつけているのが、デザインの線と線の隙間になります。焼印加工では、焼きにじみ。刻印(型押し)加工では、素材と仕上がり具合の凹み具合。箔押し加工では、箔のムラやつぶれ具合などといった、ロゴ入れの表現の種類や、素材・製品、ご利用予定の加工道具などにあわせて、デザインチェックをしています。

オリジナル焼印・刻印を使って無理なく綺麗にロゴ入れをしていただくために、このデータチェックが命!!一番重要なポイントとなります。はじめてのロゴ入れ加工の方だけではなく、何回もご利用いただいておりますお客様でも、このデザインチェックには時間をかけて打ち合わせをさせていただいております。

ご検討、段階でのデザインチェックのご相談もお気軽にお声がけくださいませ!



オリジナル焼印 / デザイン
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター