今回の試し押しは餃子です。焼き印をするのは、焼く前の皮になります。どれぐらいロゴが焼き目として再現できるかを試していきます! 電気式の半田ごてと直火式の焼印でロゴを押していきます! 電気でも直火式でも、加工前には端材などで印面温度の確認をしてください! 木に焼き目が入れば、充分に印面が加熱されています。温度は300度以上になっていますので、餃子の皮にも焼き目がはいる温度です。木に押しつけた際に白い煙が上がる場合は、印面温度がかなり高温になっていることがあります。特に直火式の焼印では、直接の火で加熱しますので、炙っている時間が長すぎると熱くなり過ぎてしまいます。 事前の試し押しで、印面温度の確認は、どのような素材に焼印をされる場合でも必ずするようにしてください! 電気式焼印(100W半田ごて)でロゴをいれた仕上がり 家庭用コンセントで使える準備が簡単な電気式の焼印。電源をいれてから約10分程度で焼印できる温度になります。最初の一枚で、どれぐらいの押し付け時間が良いのかを探りました。あまり長く押し付けていると、皮が焦げて剝がれてしまうようです。約2超程度が適当かと思います。 画数の多い、焼印本舗の舗の字がやきにじんでしまっております。予想していたよりも、焼き目としての再現性は良い素材のようです。餃子の皮。 直火式焼印でロゴをいれた仕上がり こちらが直火式焼印での仕上がりですが、少し焼き焦げてしまったものもありますが特に直火式でも仕上がり具合に問題はなさそうですね。同じく、押し付け時間は2秒弱。 拡大するとわりと綺麗にロゴがはいっているのがわかります 画数の多い漢字がデザインに含まれていると、このように、隙間が焼きつぶれてしまいやすくなります。ロゴも本来であれば、隙間があるのですが、同じく焼きつぶれてしまっています。食品などへの焼印では、線と線の隙間は余裕をもって1mm以上あけておくことをおすすめいたします。 焼く前の皮にはロゴが入りましたが、こんがり焼きあげるとロゴが消えてしまいそうです オーダー焼印のお問い合わせでは、どのような素材に加工をされるかでご案内をさせていただいております。今回のように、餃子の皮に焼印されたいとのご相談をいただいた際に、これまでに焼いたことがありませんでしたので、試し押しのご提案をさせていただきました。 すでに、焼印をした素材であれば、しっかりとご提案をさせていただけるのですが、やったことないモノに対しては正直にわかりません!とお応えしております。お時間に余裕があるようでしたら、無料の試し押しモニターのサービスをご利用ください。 実際に焼き印などの加工をお客様のサンプル素材で試し押しをさせていただきます。まずはお気軽にご相談くださいませ。 https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/free_trial/post-8123.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/free_trial/post-8062.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/post-4423.html

実際に焼印をしてみよう
焼印や刻印のことならご相談ください
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

やきいん探訪

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ

ドッグタグマシーンって何?

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

ホットスタンプって何?

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット