ナイロンの袋に文字・数字を入れてみよう!ホットスタンプ

今日の試し押しの素材はナイロン袋です。箔押し加工で仕上がり具合を試していきます。使用している機材は、ホットスタンプTW350と真鍮製の金属文字の『SAMPLE』文字の大きさは縦5mmになります。

ナイロン袋にロゴ入れ加工(箔押し)の画像

つるつるしている素材への箔押しでは、その名の通り、ナイロン用の箔を使います。設定温度は、紙/革用の設定温度110度よりも高い130度になります。見た目は同じ箔なのですが、中に練り込まれている接着剤の種類が違います。そのため、定められた設定温度にも違いがあります。

ナイロン袋にロゴ入れ加工(箔押し)の画像

箔押し加工では、加工する素材のやわらかさなどにあわせて、下敷きを変えての加工をすることがあります。ゴムマットや厚紙など、加工する素材にキレイに定着しやすい下敷きを選択することも、箔押しを綺麗に加工できるためのポイントです!今回は厚紙をチョイス!好きな分だけカットできたり、簡易的な治具(段差)をつけたりなど切ったり貼ったりできるのでよく使う下敷きの素材です。

ナイロン袋にロゴ入れ加工(箔押し)の画像

設定温度130度できれいに定着しています。熱圧着でホットスタンプしている文字は手で触っても簡単には剝がれません!

導入前の試し押しをする場合にはこちらからお申し込みください!無料モニター


箔押し加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター