【試し押し】革タグを自作加工で仕上げる。2種類の加工も自由自在に!

今回のご依頼は、革タグへの加工になります。 名入れができる真鍮文字アルファベットを使ってイニシャルを加工します。 加工の種類は、型押し・箔押しの2種類。 早速、試し押しをしながらご紹介させていただきます。 ホットスタンプTW350を使っての自作加工は、革タグなどの位置決めをしてあげる事で正確に狙った位置に加工できるようになります。 カッターマットや厚紙などで、治具のような見当を事前の準備で用意する事が重要です。 箔押し加工 設定温度は約110度。 押しつけ秒数は約1秒弱。 箔押し加工は、金属版の凸部分のみ箔を革タグに熱で定着させる加工になります。 あまり強く押し込み過ぎると、文字やロゴの輪郭まで箔がベッタリついてしまいます。 箔押し加工は、剣の達人がするような、峰打ち(みねうち)のように、以外に軽い押し加減でもきれいに仕上がるのでご利用の際はご参考にしていただければと思います。 逆によくある失敗としては、押しつけ秒数が長い事や、温度設定などが合っていない事が多いです。 型押し加工は、素押し加工ともよばれているのですが、温度を適温に設定し型をつけるだけ。 箔押し加工と違って、失敗が少ないので名入れのサービスでは、まずはこの型押し加工から始められるのがいいかと思います! 型押し加工だけでなく、革タグなどに名入れを自作する事で、万が一、失敗してしまってもロスを最小限に抑えることができます。
名入れサービスを始められる場合、製品への加工の場合、個人の技術・習熟度により差が出てしまう箔押し加工よりも、押すだけ簡単な型押し加工がおすすめ!
使用した真鍮文字のフォントサイズは、7mm。 イニシャルなど少なめの名入れの場合は、これぐらいのサイズがあった方が存在感があります。 その他ホットスタンプTW350を使った加工事例や、名入れのはじめ方などの関連記事はこちら ホットスタンプ 関連の記事一覧 「真鍮文字アルファベット」一覧

店長おかどめの日記 / 焼印道具 / 箔押し道具 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター