【焼印の仕様】効果抜群?焼きにじみを防げる??空気穴の秘密・・・

焼印・刻印の仕様はお客様の使う用途により、こちらでおすすめの仕様をご提案をさせていただきます! 今回のご紹介は、空気穴をあけた焼印。 期待できる効果としては、焼きにじみを防ぐこと! 焼印のデザインで外側に枠がある場合、閉じこもっている部分が素材を焼いた時にでる放射熱(ガス)により焼き色がついてしまったりします。 木材もそうですが、特に食品などの場合によく起きてしまう現象です。 左が空気穴ありです。 木材への焼印の場合、どちらでもOKな仕上がりです・・・ お次に食品への試し押し。 バームクーヘンで実験します。 今回のデザインに空気穴をあけているのは、ハートの部分。 ハートとAの間隔の大きさが違うので、なんともいえないのですが ハートの白抜き部分は、あまり変色していないような気がするのは、わたしだけ?? 和菓子屋さんで使われている焼印に空気穴があいているモノが多く、食品などへの焼印で 閉じこもっているデザインでは効き目はあるかも! 食品などへのはがれやすい焼印加工ではこれ ステンレス製の焼印でジュっと!

入門・基礎知識 / 店長おかどめの日記 / 焼印加工 / 直火式焼印 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター