【Q&A】安定した焼印をするには?電気?直火?

『半田ゴテタイプと直火用 焼印タイプだと、安定して焼印出来るのは、どちらですか?』 焼印加工には、主なやり方として電気式と直火式での加熱方法の種類があります。 安定した仕上がりという点では、電気式焼印になります! 焼印の仕上がりがうまくいかない主な原因は、これ! 温度です。 素材にはそれぞれ燃焼温度が決まっていますが、焼き目を入れるという現象は素材の燃焼温度の一歩手前の温度で焦がすこと。 きれいに安定して焦がすっていうのも、少し変な感じがしますが・・・ コンセントに差し込み予熱が完了すれば加工ができる手軽さも人気の電気式焼印、 最大温度は半田ゴテの容量(ワット数)により違いはありますが500度前後まで上がります。 焼印のサイズにあわせた半田ゴテをセットにしているので、無理なく加工ができます。 温度の調整機能自体が無い半田ゴテでの焼印でも、押しつける時間を短くしたりする事で焼き目をコントロールできるようになります。 合皮の手帳への半田ゴテを使った加工の写真です。 本来合皮の型押しの適温は高くても160度前後。そのまま電気式焼印で加工すると溶けてしまいます。 そこで、パワーコントローラーなどと呼ばれる電圧調整機を使って大まかな温度の調整をする事でデリケートな合皮の素材にも、より安定した加工ができるようになります。 パワーコントローラーを使った合皮の加工のやり方についてはコチラ↓↓↓

手帳への素押しをコストをかけずに自作加工してみる 合皮の手帳に自社のロゴを。

直火式焼印では、直接焼印を火で炙るので温度のコントロールに難があります。(焦げすぎてしまったり、温度が低すぎたり・・・) もちろん、焼印をする素材によっては直火式の方が適している事もありますが・・・
電気式焼印のセットの方法についての記事はこちら 電気式の焼印をやるなら、まずはここを見てください

お悩み・q&a / 実際に焼印をしてみよう
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター
お試し焼印セット
お試し焼印セット

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

どら焼き

やきいん探訪

オリジナル焼印

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押し

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット

食品


名入れ用真鍮文字アルファベット
名入れ用真鍮文字アルファベット