さぁどっち?加工する素材のサイズから選ぶ自分にあったモデルは? 【自作加工できる機械をお探しの方へ】

型押しや箔押し、焼印加工を自作加工できる機械をお探しの方へ。

『今まで外注に頼っていたので、コストや納期が不安定でした・・・』
『他店との差別化がしたいので、名入れサービスを始めたい・・・』
『オリジナルの製品づくりの為に、ロゴを入れたい・・・』
『箔押し加工なんてやった事がないのに、自分一人で本当にできますか?』

このようなお悩みやご要望に、お応えできるのが私達レザーツールズのサービスや商品です。 今回は、新しくなりましたホットスタンプ2機種のご案内をさせていただきます。 各モデルの奥行きについての仕様を知っていただく事で、選びやすくなります! ホットスタンプのメインパーツを支えている支柱までを奥行きとすれば2つのモデルの奥行きはホットスタンプ13cmとホットスタンプTW350が8cm。 ホットスタンプ 支柱から加工できるヒーター部分の中央までが13cm 目安としてセットしているボードのサイズは縦20cm横29.5cm。

ホットスタンプのモデルは、標準でついている箔ロールスタンドを外した場合の奥行きです。

ホットスタンプTW350 支柱から加工できるヒーター部分の中央までが8cm。

A4サイズやB4サイズなどの素材にも、工夫次第で各種加工は可能です。

素材の大きさが奥行きよりも大きい場合には、刻印の向きを予め逆にセットしておけば希望の位置に加工できます。 手帳のサイズは、縦18.5cm横14cm。

可動式作業台の仕様についてもご紹介いたします。 オプションパーツの可動式作業台は、腕ミシンのように袋状の製品への加工の際に便利です!

ペンケースへの名入れ加工も簡単に加工できます!

製品押しにも加工できるTW350の詳細はこちら


ホットスタンプ / 店長おかどめの日記
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター