傘の柄(曲面)にオリジナルのショップのロゴを焼印

今日は手作りの傘を製作されている大西様より、焼印の導入写真を頂きましたので紹介させて頂きます。

傘の柄に、多い時で数百本と焼印をされるそうで、お持ちの焼印では時間がかかり、失敗も多かったというご相談をいただきました。

以前の焼印.JPG

傘の柄は、円筒形の為、たいらな通常の焼印では押しつけた時にすべってしまったり、ロゴの一部の焼き目がつかなかったりしてしまいます。
焼印アーチ.JPG

傘の持ち手と同じアーチで、製作すれば焼き目を安定して入れる事が可能になります。

アーチ焼印.JPG

完成したのが、こちらです・・・

せっかくのアーチをつけたオリジナル版でしたが、検品時の写真撮影で角度をつけずに撮ってしまいました。。。

なにはともあれ、いただいた写真でできあがりをご覧ください!

傘1.JPG


アーチの焼印で、失敗が減りロスもなくなったそうです!

傘2.JPG

焼印のご相談をお客様と一緒に考えながら、これからもいろいろなモノに焼印を押せるように日々精進して参ります。

アーチの焼印につきましては、通常の深彫り真鍮版とは別の仕様となりますのでお問い合わせの際に焼印をされる素材の形状など詳細をお教え頂ければと思います。




入門・基礎知識 / 焼印加工 / 焼印道具
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター