ホットスタンプ メンテナンスと調整1

ホットスタンプの調整とメンテナンスについて、ちょっと詳しく紹介して行きます。まず、ホットスタンプの加熱するもっとも重要な部分、アルミプレートの調整から始めます。 IMG_3838.jpg 正面から見て、ホットスタンプ下部にあるスライドするテーブルの丁度真上に当たる部分です。真正面に6角ボルトのネジが2つ有るのが見えるお思います。その2本のネジを緩めてアルミプレートを交換するのですが…このアルミプレートが正しく平行に下のスライドテーブルに接地する事が一番重要な部分です。 IMG_3839.jpg 写真では手前のバーが邪魔して見え難いですが…..このアルミプレートがスライドテーブルにまず左右平行に接地する事がまず第一に必要な事。次に、このアルミプレートの後部(上部アルミプレートの後ろ側)がスライドテーブルに接地した時、若干隙間が空く様にセットします。 何故ならば、このホットスタンプ機構上、右側のハンドルを使ってプレスした時に力強くプレスすると、どうしてもアルミプレートの前側が少し浮き上がってしまいます。力加減にもよりますが..約1mm弱程度まで浮き上がってしまいます。 まあ、普通に力を入れてプレスしても約0.5まで位ですが….なので、ホットスタンプを使って箔押しをする場合はプレスにあまり力を掛けないのでアルミ板後部は約0.3mm程度上げ目にセットします。 IMG_3844.jpg この写真では少し見難いですが、向かって左側がホットスタンプ後部になります。後ろ側が若干浮いているのが解ると思います。これで約0.3mm 程度浮かしてセットしてあります。もし焼印、それも硬目のヌメ革等に刻印する時は、かなり力強くプレスすると思います。 そんな時は約0.6~1mm程度後ろ側を上げてセットします。 しかし、色々な革に箔押しとか焼印を押される場合はその度にセット調整するのは不可能なので普通はその真ん中位約0.5mm程度にセットして下さい。特にほぼ箔押しがメインでそれも紙に箔押しが多い場合は0.3mm程度にセットして下さい。

お悩み・q&a / お手入れ・メンテナンス / ホットスタンプ
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター
お試し焼印セット
お試し焼印セット

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

どら焼き

やきいん探訪

オリジナル焼印

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押し

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット

食品


名入れ用真鍮文字アルファベット
名入れ用真鍮文字アルファベット