箔押しと焼印..消しゴムと木製フレームに

今回はホットスタンプと100ワットハンダコテを使って消しゴム”はホットスタンプを使って、”写真の木製フレーム “は100ワットハンダコテ”をつかって箔押しと焼印を押してみました。 消しゴムにすのはもちろん初めて….う~ゴムになんか押せるのかな?箔はどの箔が適切かな?ってな疑問を保ちつつ取り敢えず、普通の革普通紙用の箔で挑戦。使用したのはオーダーフォントproの3mm活字文字はORIGINAL….温度設定は130°です。 IMG_1327.jpg 小さめの消しゴムを丁度センターにセットして…. IMG_1329.jpg お~なかなか綺麗に押せたじゃないですか!たいした苦労も無く….これは簡単です。自分の消しゴムって…皆のと混ざらない様に!!これは”僕の消しゴム….って感じで。ま…使っているうちに消えてしまう運命ですけど…. 次に100ワット版だコテに活字をセット..やはり写真のフレームには記念日が! っと言う事で撮影日を焼印してみました。フレームの木材は少し柔らかめの材質で少しエンボス”へこます”事も出来ました。 IMG_1349a.jpg まず写真フレームのガラスとか他の部品を外してフレームだけに.必ずセットした版に対して平行にセットする必要があるので焼印を押す木製フレームだけにしてセットして下さい。“フレームの裏側部分に止め金なんかがあるので邪魔になります”っで、こんな感じになりました。 IMG_1353.jpg なかなかいい感じ 思い出写真にぴったりですね. 記念日も良いけど、Anniversary とか Celebrationなんかも良いかも!!今回の木の材質は柔かめで綺麗に押せましたが、ちょっと硬目の木とか濃い色の木とかは焼き目が付きいくかったりします。 それに今回の様に、活字だと線が細いので綺麗に焼印できますがロゴ版とかの場合は、焼を入れるのが難しい事があるので版を作る前に必ず木片のサンプル押しをお願いします。こちらに木片サンプル送って頂ければサンプル制作して詳細を添付して返送します!!もちろん無料です。木片に焼印の場合は、必ずサンプル作ってから版製作に進んで下さい!!

型押し・刻印加工 / 焼印加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター