箔押し、ホットスタンプのセッティングから.....

今回は箔押しの為のセッティング…から… ホットスタンプを使って革のトレイに箔押しを..いつもの様に、ホットスタンプに活字ホルダーをセット!文字はORIGINAL….必ず、活字はスロットのセンターにセットアップ!!出ないと、箔押しする場所を決めるのがとても大変です!! IMG_1318.jpg IMG_1319.jpg 僕の場合は、アルミスロットのセンターに薄く線を引いています。 IMG_1320.jpg 次に、ホットスタンプにスライドインしてセット完了したのですが…….このアルミスロットのボルト..両サイドから活字を押さえる為に組み込んである….このボルトが革トレイの縁に当たってしまう!!なので、革トレイを横向きにセット。 IMG_1321.jpg この辺り、やはり製品押しの場合は箔押し出来る場所を限定してしまいます..う~けれど現実です。そんな時はイメージの固定観念を崩して…発想をフレキシブルに!!横向きのデザインもまた然り!!ってな感じで、今回はセンター部分に活字とロゴで…まずは活字で箔押しを.. IMG_1323.jpg 全く問題なく完成.. 普通の革に箔押し!!得意中の得意なので問題無し!!次にオリジナル真鍮深堀版のロゴをアルミプレートのセットしてスタンバイ!!“アルミプレートに真鍮深堀版をセットすると、どうしても版事態が分厚くなってホットスタンプの上下可動スペースを狭くしてしまいますが…今回深堀版の厚みを版の深さを変更無く薄くする事が出来たので問題解決しました” IMG_1330.jpg IMG_1333.jpg これも、問題なく綺麗に押す事が出来ました。1つの版でこのパターンを作ってしまえば簡単ですが、それではこの文字活字部分を変更できません!!このロゴをそのままに活字ORIGINALの部分を名入れにすれば活用範囲も…….

入門・基礎知識
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター