帆布生地へのロゴ入れはどの加工が出来る?箔押し?焼印?

今回の試し押しのご依頼は、帆布生地(キャンバス)です。細かいデザインを含む焼印(真鍮製)でテストしていきます! 樹脂などの素材に焼印でご利用いただいている焼印に汚れが・・・ 真鍮製のブラシで完全ではありませんが、綺麗にしてからテスト開始します! 箔押し加工で使うホットスタンプにセットしています! 紙/革用箔で120度で押しましたが、うまく定着しないようです 下敷きにゴムマット、箔をナイロン用に変更した際の仕上がり具合です 生地の織り目の凹凸の影響を受けて箔が抜けてしまいます ナイロン用箔130度での箔押し加工(下敷きゴムマット)が一番ましな仕上がりです 温度を330度に上げて焼印加工もしてみました 帆布素材や生地への箔押し加工では、織り目の粗い生地の場合凹凸の影響を受けてしまうことが、きれいに箔がつかない主な原因です。タフな生地なので、色目によっては、焼印加工でのロゴ入れがおすすめです。摩耗などにも箔押し加工よりも強いので、帆布生地には焼印加工ですね! https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/post-5420.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/lets_branding/post-6826.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/lets_branding/post-6838.html

箔押し加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター