特大サイズの看板メニューのだし巻き玉子にロゴを焼印で入れる!

大きなだし巻き玉子に、特注サイズの焼印でお店のロゴをいれる!試行錯誤を重ねられてようやく納得できる仕上がりで完成!蒲郡で1番美味い伝説のだし巻き玉子!大きめサイズの焼印オーダーを導入いただきました『居酒屋いちごう』さまのご紹介をさせていただきます。

オーダーいただきました焼印の大きさは、なんと! 横幅19センチの特大サイズです!規格サイズは7センチ×7センチなので約3倍の大きさ! どんなに大きいサイズの焼印オーダーでもお作りさせていただきます。ただし、あまりにも巨大なサイズだと、焼印加工が難しくなります。

焼印は金属なので、小さいサイズでもずっしりとした重さがあります。 これまでに、A4サイズぐらいのものや、ホテルの壁やお店のディスプレイ用の看板への焼印用など特大の焼印も作らせてもらっています。

やはり、ひとつながりの焼印加工よりもできるだけデザインが分割できるのであれば、分けて作っておくことを強くオススメいたします!熱い石板をもって焼印加工をするのでかなり危ないという安全面を考慮してのご提案です。

直火式の焼印でやわらかい食材にきれいに焼けるように余計な土台をくり抜いています! 特注サイズの焼印では、通常の厚みよりもかなり太くお作りいたします。

厚みをもたせた焼印の重量はかなり重くなります。通常の厚みが7mm、今回の焼印の土台は20mm!これだけ分厚くしているのにも、ちゃんとした理由があります。金属を加熱すると、熱膨張という現象が起き手では曲げることができないものでも、反ってしまうことがあります。

ロゴの焼印を食材や木材などに焼き目をつけるためには、300度以上の印面温度にする必要があります。通常サイズの焼印では、特に問題はないのですが、大きいサイズの板状の焼印では特に反りがすごいんです!これだけ重さのある焼印を片手ではキープすることが難しいため、直火用持ち手棒を2本取り付けれるようにしてあります。

焼印の裏側の設計図です。赤い色の部分は、ロゴを避けて土台をくり抜く部分になります。

水分を含むだし巻き玉子、焼印をする相手としては難易度が高いです! 大きめサイズのロゴ焼印をする場合は、直火式の焼印がおすすめです。高温で短時間の焼き付けが綺麗な仕上がりの秘訣です。

重いのでくれぐれも火傷には気をつけて焼印をしてください!蒲郡の近くに行くときには、必ずこの伝説のだし巻きをオーダーしよう!!

居酒屋いちごう』 
愛知県蒲郡市御幸町2–4 
電話番号 ☎️080–2076–4334


事例紹介 / 店長おかどめの日記 / 焼印加工 / 直火式焼印
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター