箔押し機で自分でロゴを入れることができます

自社の製品にロゴを自分で入れてみたいと思ったことはありませんか? ボール入れも現代ではこんなにかっこよくなっているのですね! ロゴ入れ、名入れといった加工は専門の業者さんしかできない?少し前までなら外注での名入れやネーム入れなどが一般的でしたが、現在ではYoutubeやネットでググると、ほとんどの事は自分で出来てしまう。 大きな魚や珍しい魚などを見事にさばきまくる、きまぐれクックKimagure Cookさんの動画など見ているだけで、自分でもできそうな気がしてしまう。とてもわかりやすい解説の動画なのです。焼印本舗の公式Youtubeの『焼印チャンネル』とは大違いです・・・ 自分でロゴを入れるのに必要な道具とは?大きく分けると加工する道具とロゴの焼印/刻印の2つ。専門の名入れ加工を請け負う加工業者さんも同じくこの2つの道具で加工をしているのです。 家庭用コンセントで使える箔押し機(ホットスタンプTW350) オリジナルのデザインで作れる焼印/刻印は加工する素材や表現方法によって最適なものをご提案させていただきます。加工道具についても、ご予算や加工の仕上がりのクオリティなどに合わせて道具をお選びいただけるラインナップがあります。 型押し・箔押し・焼印の3つの加工ができる箔押し機(ホットスタンプ)を導入していただきました、「 kei.craft 」様は、オリジナル製品へのロゴ入れを金や銀の箔で加工されています。 オリジナル焼印のデザインのご相談から、使い方などの不安や悩みなどは、いつでもお気軽にご相談ください!こんなこと聞いていいの?というものまで悩む前にお声を掛けてもらうのが自作加工をきれいに仕上げる一番の近道です。

ホットスタンプ / 箔押し道具
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター