アクリルケースに箔押しをしてみよう!柔よく剛を制す!シリコン製刻印

ペンスタンド(アクリル製)にロゴを箔押しできるかの試し押しをしていきます。透明なアクリル素材は硬いので、使う刻印はゴム(シリコン製)を使って加工します。 プラスチック製品への箔押し加工の試し押しのご紹介です! 箔押しでは、水平に製品をセットできることが重要です! 製品を水平に置いた場合でも、加工位置が刻印などを押し付けた際にたわんでしまうようだと、きれいにロゴが入りません。。。堅い金属の刻印で押した場合に、かかる圧力により製品に歪みが生じた際に、上のような仕上がり(箔がついていない)になってしまいます。 ゴム製の刻印で箔押しした仕上がりです!柔よく剛を制すです!! シリコン製の刻印の場合、ある程度のやわらかさがあるので、硬い素材になじみやすくなりロゴをきれいに箔押しすることができます! アルミ製の土台にシリコンゴムを張り付けています。 キャップの部分にも箔押し加工・・・ 同じプラスチック製の素材でも、きれいにつかないのには原因があります!それは、箔がついていない部分がたわんでしまっているからです。キャップなど、立体の製品にマーキングをする場合には、下側の空間にたわんでしまわないように治具を置いてあげる必要があります。 樹脂系の製品に多いのですが、一見、フラットに見えるのですが、微妙に水平ではない場合が多くこのような失敗をしてしまいやすいです・・・ https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/lets_hotfoil_printing/post-6816.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/post-5443.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/diy_basic_knowledge/original_stamp_embossing/post-5835.html

箔押し加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター