電気式焼印で木にロゴをいれていきます!焼印のやきにじみがよくわかる!

今日の試し押しは、電気式焼印で木にロゴをいれていきます。大きめの焼印デザインで、どの程度の仕上がりになるのかを実験してまいります。

電気式焼印で木に焼印の試し押しの準備画像

コンセントにさして約10分ぐらいであたため完了です。焼印の印面の温度は300度を超えています。電気式の焼印をつかう時には、厚手の革手袋を着用して火傷しないように注意しながら加工をしましょう!電気ゴテの持ち手は素手でもさわれますが、電気をオンにして使っている時間が長くなると、持ちての部分もいい感じに熱くなってきます。また、焼印を押す際に下向きにすると、放射熱の影響もあり素手の場合には、熱さを感じるかと思います。

電気式焼印で木に焼印をしている画像

試し押しで使用した焼印デザインは、mmとポイントを忠実な太さで再現した焼印です。線の太さ別の焼印加工の焼きにじみ具合を確認できるように作りました。線の細い部分も綺麗に焼き目が入っています。

実際のmmとptの太さよりも、焼印で仕上がった線の太さの方が若干太くなります。これが、焼印加工の焼きにじみです。木材への焼印に限らず、どのような素材に加工した際にも必ず起きる焼きにじみ。デザイン作成の際のヒントにしていただければ幸いです!

木に焼印の仕上がりの画像

試し押し無料モニターのご依頼はホームページから簡単にお申し込みいただけます。必要事項を選んでいただき、素材を送るだけで完了です。サンプル素材到着後には、できるだけ早く試し押しをさせていただきご返送するように心掛けております。お急ぎの試し押しのご依頼について、ご対応させていただくことができかねますので、ご利用は計画的にお願いいたします~※サンプルの到着の順番に試し押しさせていただいております。

↓こちらの記事も合わせてどうぞ↓

これだけは知ってほしい!はじめての電気式焼印

【焼印・刻印の材質】どれを選べばいいかわからない!?

焼印オーダーは6パターン・もう迷わない焼印セットの選び方


木材 / 試し押し / 電気式焼印
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター