QRコードの焼印を作る前に要チェック!

どんなに細かいデザインでも焼印は作ることができます!QRコードのような細かい幾何学模様の焼印でも、デザイン通りに再現いたします。

ただし・・・

焼印は、焼き目でデザインを表現して使うものとなります。そして、QRコードは、読み込みができてこそのものです。QRコードのようにデザイン自体に仕事をしてもらうためには、焼印をほぼ完全な状態での焼付けが必須となります。

QR焼印で加工をする際には、自由度は少し下がるかもしれません。仕上がりと読み込みを両立させるため、焼印の大きさや焼付けをする素材などの事前チェックが大切です!!

QRコードの焼印の画像
実際にQRコードデザインで作った焼印加工を動画でご紹介させていただきます。

木にQRコードの焼印


革にQRコードの焼印

紙にQRコードの焼印

QRコード焼印のオーダーのやり方

オーダーの手順は同じですが、データ入稿の際にはQRコードの自動生成ソフトなどを利用してQRコードを作成してください。また、必ず読み込みのテストも行ってからのご入稿をお願い致します。

焼印加工には、電気式焼印と直火式焼印の2種類ありますが、焼きにじみがあると認識されない事もあるので、おすすめは電気式焼印になります。

QRコード焼印の失敗のまとめ

ここからは、食べ物にQRコード焼印をした実験集になります。是非、ご参考に!

サンドイッチにQRコードの焼印

どら焼きにQRコードの焼印

マフィンにQRコードの焼印 

だし巻き卵にQRコードの焼印 

 QRコードは読み込めてこそのものになりますので、焼きにじみなどしやすい素材や、素材の色目がダーク系の場合は識別しにくくなります。

 


オリジナル焼印 / デザインデータと入稿
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター