サンプル押し..試してみました!

今回はお客様からご依頼のあったサンプル押しです! いろいろなサンプル押しの依頼があります、時にはゆで卵とか…以前にブログで紹介したと思いますが。箔押しの場合は、その素材によって合わせる箔は変わってきます。その辺りは、専門家(制作会社)で無いと…とても幅が広くて僕たちには解りません。 紙それも種類によって…表面の状況 紙自体の素材..もちろん革も、合成皮革もあるし….時には金属、プラスティック…もう多彩です!! 今回依頼のあった素材は紙…それも結構癖のある素材です。ちょっと毛羽立った様な、プラス製品になっているのでちょっと難しそうです。ホットスタンプ箔押し機の不要部分のパーツを全て外して製品押し用にクリアランスを出来るだけ確保しました。 まずは 小さめのバッグ…箔押し試しの場所は指示されています。 IMG_1693.jpg 写真の赤いマークの部分に箔押し! バッグの持ち手の付け根部分は若干凹凸があるので、その部分を外して若干下目に会社のロゴをゴールド箔で箔押ししました。若干素材のシワが邪魔でしたが..大した問題も無く箔押しが可能でした。 IMG_1696.jpg 次は、同じシワの有る素材に紙..それも小さめのポーチ、ポーチのマチが大きく、部品を外してクリアランスを稼いだのですが….やはりこれは箔押し無理でした。 IMG_1698.jpg 最後は同じ紙素材のウォレット….. 製品押しと行っても箔押し加工面は平で問題なく箔押し完了!!会社のオリジナルロゴとオーダーフォントproの活字”SAMPLE”を押してみました。ok問題なく綺麗に押せました。 この活字とロゴを押した時に……1つ工夫が有ります。製品がウォレットっと言っても結構サイズが有るのでこの場所に通常の設定だと奥行きが足りません….なので、マグネ版..とフォント活字を反対向きにセット”前後反対向きに”して奥行きクリアランスを稼いでこの場所に箔押しを可能にしました。 ね! 結構綺麗に押せたでしょ!

型押し・刻印加工 / 焼印加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター