耐熱!耐久!衛生面!3拍子揃った焼印をオーダーするならこれで決まり!

焼印本舗では好きなデザインで焼印をネットで簡単にオーダーできます。 個人のお客様から法人のお客様まで幅広くご支持をいただいております。 特に飲食店、食品工場などでご利用いただくのが今日のご紹介のステンレス製の焼印です。 焼印加工ができるオリジナル版の金属は2種類。 真鍮(しんちゅう)製と鉄(ステンレス)製になります。 金属の特性を少しだけ知る事で便利にご利用いただく事ができますのでご紹介をさせていただきます。 焼印という商品名ですが、金属の種類はステンレス(stainless)になります。 真鍮(しんちゅう)製の焼印の金属よりも、融解温度が高く、もちろん硬度・耐久性も高い金属です。 特に、衛生面の観点でステンレス製の焼印をお選びいただく事が多い焼印になります。 食品衛生法に関わる金属管の溶出検査もクリアしている鉄(ステンレス)製の焼印では、食品などに焼印加工をされている飲食店・食品工場様にご利用いただいております。 真鍮製と鉄製では、製作代金において同じサイズでも約3,000円から5,000円程度の差があります。 上記ステンレス製の特性から食品への焼印加工では、安心して永くご利用いただく場合には、ステンレス製がおすすめです。 衛生面だけではなく、耐熱性も高い鉄製版では、加熱方法でもガスバーナーや業務用のコンロなどでもご利用いただけますので食品への焼印の連続加工も可能です。 やわらかいバンズへの焼印加工でもご利用いただけるように、余計な部分はくり抜いた仕上げです! デザイン面では、真鍮製と同じく細かいデザインでも再現する事ができます。 ただし、食品用の焼印加工では素材により、焼き目の再現性には違いがでやすいのでシンプルなデザインでの製作をおすすめさせていただきます! 焼印(ステンレス製)では、専用の打刻棒を付け替える事で、木材やステンレスよりもやわらかい金属などに打刻加工をする事もできます。 金属への打刻では、線のようなデザインの方が加工しやすくなりますのでご注意を! もう一つの金属、真鍮(しんちゅう)製の焼印のご紹介も少しだけさせていただきます。 真鍮製の焼印の最大のメリットは、コスパ。 製作代金が比較的安価である事、それと納期。 ステンレス製の納期は、最短でも製作開始日より約10日程度。 真鍮製の納期は、約1週間程度となります。 焼印加工をする素材・用途・納期など、必要に応じてお選びいただけるような商品ラインアップにてオリジナル版の製作をお待ちしております。 これまで、ご利用いただいているお客様の事例も随時アップさせていただいております。 焼印導入のご参考にしていただければ幸いです。 新規事業やイベントでのご利用として焼印など自作加工の導入をご担当されているご担当者様必見! 自作加工などは、多くのお客様が経験が無い事が多く、見積りから実際の製作のプロセスまでを下調べする時間が必要かと思われます。 レザーツールズでは、できるかぎりわかやすく誰でも安心してご利用いただけるサービスの充実に努めています。 それは、お客様のご要望に合わせた無理のない計画、商品選定、デザインの相談まで自作加工をゴールとする最後までをフルサポートさせていただきます! 企業・法人様におかれましては、焼印製作の際に必要な書類(お見積書・ご請求書・領収書)についても、弊社の書式もしくは、指定の書式でもご対応をさせていただいております。 会議に必要な書類だけではなく、事前の試し押しなどのサービスもご活用いただき無理の無い計画を後押しさせていただくお手伝いをさせていただきます。 まずはお気軽にご相談いただければ幸いです。 焼印や刻印などの自作加工のご相談の入力フォームはコチラ

どの焼印を選べばいいかわからない? / 入門・基礎知識 / 焼印を作ってみよう! / 焼印オーダー
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター