名入れ名人活字を使ってフェルトに箔押しを!

今回、ご依頼頂いたフェルトに箔押し…っを 名入れ名人の活字5mmと3mmを使ってサンプル制作してみました。活字はbaskervilleの小文字5mmと3mmです。少し毛足の長いフェルトなので…う~ん、つくかな?以前にもフェルトにトライしたことがあって、確か箔の付きが悪かった様な記憶が….温度設定を普段の箔押し設定の110°より少し高めの120°で。プレスも少ししっかり目に押してみます。まず、普通の革用の箔で…… hoshino5.jpg あらら~箔が付かない!! 少しは付いたのですが、ブラシでささっと撫ぜると….あ 何とほぼ消えてしまいました。っで、次に箔を変更して接着力の強い和紙及PP.PET用の箔で..が、写真の下の活字”sample”になります。やはり、フェルトの毛羽立ちが気になりますが、箔は付いています。 やはり、こちらの専用箔が必要ですね。 hoshino6.jpg この活字が5mmで hoshino3.jpg この活字が3mmです。 3mmだと、やはりフェルトの毛足に負けてしまい、ハッキリ活字を確認出来なくなります。もう少しフェルトの毛足を短くするか….で温度を若干下げれば綺麗に箔が付くともいます。若しくは、同じく毛足を若干短くして、温度も少し落として5mmの活字でしっかり押せば結構綺麗かもしれません。 次回、少し短目のフェルトを手配して試してみます!!

入門・基礎知識
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター