人工皮革(クラリーノ)に箔押し加工をしてみよう!

昨日の夜、凄い雷雨で少し値不足な店長おかどめです!わりとデリケートな体質なので、気になるとすぐには寝ることができません。一応、消防団の一員なので、なんかあったら出動しないといけないということもあります・・・とにかく何事もなかったようなので安心しました! 今日の試し押しは、クラリーノという人工皮革の素材への箔押し加工です。名入れをご検討のお客様からのご依頼、ホットスタンプと真鍮文字を使ってテスト開始です。 人工皮革への名入れの箔押し、ホットスタンプの設定温度は110℃です! ランドセル素材によく用いられる素材、この特徴的なカタチはあの部分ですね! 製品への名入れ加工をするよりかは、タグへの名入れ加工がおすすめです! 箔の色をかえての試し押しです!鮮やかなカラーによく映える! 男子のランドセルと言えば黒というのは昭和の時代だけかもしれません・・・ 表面も綺麗な人工皮革、クラリーノへの箔押し加工は、比較的簡単に加工していただけるかと思います。ただし、素材にくせがついてまっすぐじゃない場合には、お気をつけください。できるかぎり、生地はまっすぐくせがない状態で名入れするようにしてください! https://www.kawa2han.com/kawa/blog/diy_basic_knowledge/name_alphabet/post-7857.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/post-4591.html 本日のおまけ オリジナル焼印のデータ入稿について、デザインの向きのお問い合わせが多いので簡単にご説明させていただきます。 データ入稿の向きについて ・入稿データは反転せずにそのまま作成ください。 ご入稿時には、デザインは反転せずに、そのままお送りくださいませ!焼印や刻印はお送りいただきましたデザインの向きの逆、反転しての製作をさせていただきます。 入稿前のデザインデータチェック事項

箔押し加工
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

ラインで簡単お問い合わせ
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター