ドクターバッグ 作ってみよう!4

底と側面を縫い合わせたら、ヒネリ金具のストラップ側を縫い付けて下さい。“この時点だと、殆ど正確なサイズが出るので長さを調整して正しい位置に縫い付けて下さい。”それと、側面の縫い合わせた上部の開き部分を薄く漉いた共革でパイピングして下さい。 IMG_3639.jpg 次に最初に作ったアルミ金具に革を巻き付けた開き部分を縫い付けます。 先日もお話ししましたが、ミシンで作業する場合はこの縫い合わせ作業のあと、アルミ平棒をまげて下さい。綺麗に縫い付けたら、アルミパーツの両サイドをカシメ金具若しくはネジ式の金具で留めて下さい。これで、完成です。 最後に全体にスムースオイルを塗込みソフトに仕上げて下さい。

店長おかどめの日記
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター