3種類の革にエンボス加工。ホットスタンプ(箔押し機)で無料試し押し。

今回は3種類の革にエンボス加工のサンプル制作のご依頼がありました。 いつもご質問があった時にはお願いするのですが、少し変わった革だとか、素材については出来るだけ前もってのサンプル制作によるご確認をお願いいたします。 革といってもとても種類が多く….っの意味はもちろん革の種類ヌメ革クローム革コンビ革…それに仕上げ段階での表面処理….色々な条件で焼印加工、エンボス加工、箔押し加工と色々な影響が出て来ます。もちろん箔押しの場合は素材の表面によって、より適切な箔を選択しなくてはなりません。それに焼印の場合は素材の問題だけでは無く焼印に使う版の種類によっても異なります。 例えばマグネシューム版 真鍮深堀版…次に、活字の版、デザインの入ったロゴ版..ロゴ版の場合はデザインの表面積が大きい…いわゆる、線の幅が広いとか凸部分の表面積が広い..と言うのが熱を上げてプレスした時に、充分な温度と圧力を得る事が出来ないと、綺麗な焼印にはなりません。 今回エンボス加工のサンプルに使った版は弊社のオリジナルの焼印(真鍮製)。 ロゴマークですが、活字の線が細くこれくらいのデザインだと少々癖のある革でもかなり綺麗にエンボス加工を施す事が可能です。 IMG_3899.jpg この写真はかなり柔らかめの厚みのあるヌメ革です。 IMG_3901.jpg 厚みは同じ様な物ですが、ちょっと表面の硬い染の入った革です。若干表面のパリパリ感が出ています。しかし、時間が経ってもエンボスが戻る事もなく綺麗に入っています。 IMG_3903.jpg これは、少し薄目の添の入った革です。しっかりプレスした分、回りが少し盛り上がり綺麗にエンボスが入っています。 全て温度設定は180°程度でエンボス加工しております。今回サンプル依頼頂いたこの3種類の革はまず、問題なく加工が可能な事が確認出来ました。皆さんも、出来るだけサンプル制作ご依頼頂き前もっての確認お願いいたします。 はじめてでも安心して導入していただけるサービスをご用意しておりますので、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。 メールでの無料相談はこちらから オリジナル焼印や真鍮文字アルファベットについての無料相談
電話で直接、聞きたいことだけすぐに!という場合はこちら 電話: 072-782-5756 (受付 平日10時から18時)
名入れが初めての方へ
名入れとはどのようなもの? ・ 真鍮文字アルファベットを使って何ができる? 焼印加工 箔押し加工 刻印加工
自分だけの名入れ道具を作ってみよう

ホットスタンプ / 事例紹介 / 箔押し道具
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター