オリジナル焼印・刻印のオーダーで失敗しないたった3つのポイント!

おかげさまで、レザーツールズの公式フェイスブックのいいねが
まもなく、2,000いいねを突破しそうです!
5月の連休も終わり、すでに梅雨モードに入ってような雨続きの天気・・・
今回の内容は、焼印ご注文の際によくある疑問をまとめてみました。
焼印をつくりたいけど、焼印・刻印をした事が無い方がほとんどなのでご参考にして頂ければと思います!
オリジナル焼印オーダーの時に失敗しない3つのポイントはコレ。
1、何に焼印をしたいか!
2、どんなデザインで焼印をするのか!
3、どれぐらいの数を焼印するのか!

1.何に焼印をしたいか!

焼印を注文される多くの方は、素材は決まっているけど・・・
どの道具や、どんな方法が適しているかわからないという、ご相談がもっとも多いです。
そんな時は焼印に使用する素材を、お教え下さい!
本革・合成皮革・紙・食品など、いろいろな素材があります。
イカの一夜干しや、ソフトボールなど・・・
私たちも、仕上がり具合を即答できない場合は、試し押しのサービスがありますので是非ご利用を!
素材がわかれば、焼印のデザインのサイズや、どこまで詳細なデザインが焼印として仕上がるのかなどを
ご提案させて頂きます。
0483tu.JPG

2.どんなデザインで焼印をするのか!

素材が決まれば、焼印・刻印のデザインのサイズや、どれぐらい細かいデザインで焼印が入るのかが決まります。
基本的には、Aiデータか、PDFデータでのデザインデータでのご入稿をお願いしております。
アドビのイラストレーターなどの専門性の高いソフトをお持ちの方は少なく、パソコンは苦手といった方も多いので、その場合にはjpegといわれる画像データでも大丈夫です。
画像データの代表的なものが、スマホなどで撮影できる写真とかなんです。
手書きのイラストもスマホでカシャっと撮影して頂ければ、そのデータからでも作製は可能です。
(まっすぐ撮って下さいね!)
もちろん、画像データや手書きのイラストなどの場合、内容によってはデータ補正料が別途必要になる場合もございます!
0423tu.JPG

3.どれぐらいの数を焼印するのか!

素材とデザインが決まれば、最後にどのぐらいの数量を焼印・刻印するのか等を教えて下さい、
使用頻度や用途により、オリジナル版の素材(真鍮製版・鉄製版・マグネ版など)や機材をご提案させていただきます!
完成した製品に1日に数回から、数百回とかなどの使用頻度、イベント会場なので直火式は使えないなどの使用する環境、ホットスタンプで箔押しがしたいどうやって使いたいのか、ご要望をお聞かせ下さい!
上記3つのポイント、何に?どんな焼印を?どれぐらい?
という事を教えて頂ければオリジナル版で焼印・刻印を注文される時に、ご参考にして頂ければと思います!
焼印・刻印の無料相談はこちら

事例紹介 / 店長おかどめの日記 / 焼印加工 / 試し押し
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター