オーダー焼印はデザインデータのチェックが一番大切です!

オーダー焼印をつくる時のデザインはお客様から、お送りいただいております。焼印・刻印を彫る時には、どのように細かいデザインでも、デザイン通りに作ることができます。だからといって、お客様にご入稿いただいたデザインをそのまま、焼印にするばかりではございません!焼印は、飾りものではなく、焼き目をいれるための道具なので、焼印加工をした時の仕上がり具合が一番大切なポイントです。

 

革や木材、食品など、お客様によって、焼印をされる素材もいろいろな種類でのご依頼をいただいております。焼印本舗では、デザインデータのご入稿後のデータチェックを大切にしています。焼印でロゴ入れをされる素材によって、デザインデータのご提案をするように心がけております。

 

ご希望のデザインや大きさの通りに作れない・・・というケースも、ございますが、納品後に焼印加工を無理なくご利用いただけるために、口うるさいぐらいに、ご提案をしております。これまでの製作実績や、加工の経験をもとに、ご案内をさせていただいております。焼印したことない素材の場合には、試し押しのご提案もするようにしております!わからない、できないことについては、正直にお伝えするようにしています!

 

食品へのデザイン、データのご提案が一番難しいと思います。食材の種類や状態によっても、焼きにじみ具合に違いがある場合が多いので。。。食品への焼印の場合、食材の詳細をお知らせください!

 

フルーツへのロゴ入れ焼印加工。曲面への焼印となりますので、あまり大きなサイズでの加工の場合、難しくなります。デザインもできる限りシンプルなフォントデザインと余裕のある隙間が大切です!

ロゴ入れや名入れの場合でも、加工される素材の種類によって、ご提案をさせていただいております!

 【焼印・刻印の材質】どれを選べばいいかわからない!?

このデザインで焼印は製作可能ですか?失敗しないデータの作り方。

オリジナルの焼印の入稿データ作成のポイント。


デザイン
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター