バンズに焼印がかわいい!細かいロゴも文字も綺麗に焼印するには?

パンへの焼印のご依頼の中でも、ハンバーガーのパン、いわゆるバンズへの焼印でのご利用が食パンに次いで多くなっております。ご当地バーガーなどが流行っているせいだと思います!店長おかどめもスッキリ75キロまで体重が落ちたら、ガッツリとハンバーガー食べたいです。。。 バンズへの焼印では、バンズの直径の7割程度の大きさでオーダーいただければと思います。バンズの直径に対して、大きめサイズの焼印にしてしまうと、焼印を押す際に難易度が高くなってしまいます。 ハッピーキッチン金の鹿さまのバンズへの焼印です! バンズへの焼印では、あまり細かすぎるデザインは避けていただき、デザインの線と線の隙間は、できるだけ1mm程度はあけていただくことをおすすめいたします。バンズの種類により、焼き目としてのデザインの再現性には違いがありますが、焼きにじみを考慮して線は細めにしておくと綺麗に焼印がはいります! https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/introduction_example/brand-to-japan.html 画数の多い漢字の部分は、少し焼きつぶれてしまいます! 線で囲まれている部分には、焼印を押しあてた際に、高温の焼印による放射熱で印面が当たっていない部分にも焼き色がついてしまうことがあります。デザインに隙間があるような場合、空気穴を設けて放射熱を逃がしてあげるという手もあるのですが、空気穴をあける場合には、ある程度余裕のあるスペースが必用となります。 バンズへの焼印の加工道具について、直火式と電気式のやり方がありますが、設備・環境などにあわせてお選びいただければと思います。個人的には、少しコツさえ掴んでしまえば直火式の方が、作業効率は良いかと思いますので、直火式セットでの導入がおすすめです!焼印される担当者がコロコロ変わるようなオペレーションの場合、焼き目が安定している電気式セットでのご利用が良いかもしれません。 昨日の晩に体重計に乗ると、79.9キロ!約4キロ減達成しました!白いご飯と別れを告げてゆでたまご生活はじめています。ここで気を緩めることなく、目標のマイナス10キロまでぼちぼち玉子(糖質制限)かじりながら頑張っていきます!ハンバーガー食べたい!! https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/original_order/post-13946.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/original_order/seasidehobby_burger_logo.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/yakiin_tanbou/post-11931.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/diy_basic_knowledge/martiniburger.html

事例紹介
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター