レーヨン・ポリエステル製生地に箔押しをしてみました!

絢爛豪華なこちらの生地が今日の試し押しの素材です。よく御守りなどに用いられている生地、素材はレーヨン・ポリエステル製です。ホットスタンプを使って箔押しができるかを試していきます!

レーヨン素材の生地に箔押しができるか試していきます! 実際の加工の様子は動画でご覧ください。

化学繊維への箔押しでは、ナイロン用の箔を使います。設定温度は革用の箔よりも少し高めの130度です。箔に練りこまれている接着剤の活性(溶けてひっつく)する温度の目安になります。

素材や製品によって箔押しの温度が決まるのではなく、箔の種類で設定温度が決まっております。 こちらの生地には、織り込まれている柄により、凹凸があります。

革などへの箔押し加工ではあまり強く押し込むことは無いのですが、凹凸がある素材では強めに押し込むことが重要なポイントになります。へこんでいる部分まで、熱した金型をあてないと箔がつきません!

少し強めに押すことがきれいに箔押しをするコツになります! 金型(真鍮文字のSAMPLE)という文字のまわりにも、箔が残ってしまいますが、ブラシや粘着力の弱いテープなど取り除くことができます。

熱が加わってしまっている部分は除去できませんので、気をつける必要があります。 箔の定着具合も、そこそこありましたのでこちらの生地への箔押しはいけそうですね。あまり細かいデザイン・文字はおすすめできませんが、自分でする箔押し加工も大丈夫そうです!

省スペースで本格的な箔押し加工が出来るホットスタンプと真鍮文字アルファベットセット 自社でオリジナルのアイテムの製作をするならホットスタンプがあると便利ですよ!

型押し・箔押し・焼印の3つの加工ができるコンパクトな卓上の刻印機です。ホットスタンプ自体の重さも8キロぐらいなので、催事やイベントの現場にも持ち運べます!家庭用コンセントで使用できるので使用場所を選びません。

オリジナルの焼印(真鍮製・マグネシウム製・銅版など)オプションパーツがあるので、すでにお持ちの金型でもご利用いただけます!ホットスタンプについてのお問い合わせもお気軽にご相談くださいませ。

おまけの試し押し!Tシャツ生地に箔押しをしてみました!

シャツ素材への箱押し加工もできなくはないですが、はがれやすい・・・ ご参考までに動画もとっております!

シャツなどの生地へのロゴ入れでは、シルクスクリーンやアイロンの熱でプリントするなどの加工がむいていますね!ホットスタンプでの熱圧着方式の箔押しでは、生地の場合、耐久性に欠けますので!

衣類の場合、洗濯するので尚更、耐久性が必要ですもんね。 ホットスタンプでの衣類への箔押しはおすすめしておりませんので、ご参考にしていただければ幸いです!


入門・基礎知識 / 箔押しについて
焼印や刻印のことならご相談ください

店長のプロフィールはこちら→

直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター