鞄屋Tripperさまの焼き印をつかったロゴ入れがさらに進化されています!導入いただきました電気式セットでは、温度調整機能がない半田ごてを熱源に焼印を加熱します。革に焼き目がはいる一般的な温度は、約160度から200度ぐらいかと思います。これは、合成皮革ではなく、本革への焼印加工ですのでご注意ください。 コンセントに差し込み、約10分程度で半田ごてのパワーは最大温度の550度ぐらいに到達します。先に取り付けている焼印の印面温度は500度ぐらいには上がっています。木材に焼き目をつける温度でも、300度ぐらいなので、革製品にマックスの温度で押しつけてしまうと焦げてしまいやすくなります。 半田ごてのように温度調整機能がない加熱道具を革に使う場合、パワーコントローラー(温度調整機)という商品を使うことでお大まかに温度を調整することができるようになります。 パワーコントローラーを使って革に焼き印!!  18_tripper 様 ミニマムからマックスまで6段階のメモリがついているパワーコントローラーを半田ごてに差し込むだけで準備はOKです。革製品以外にも、クッキーなどの焦げやすいお菓子への焼印でも役立ちますよ! コストを抑えて安定したロゴ入れをされる場合には、パワーコントローラーがおすすめです。 https://www.kawa2han.com/kawa/blog/cat0006/free_trial/post-7117.html https://www.kawa2han.com/kawa/blog/how_to/lets_branding/post-5983.html

実際に焼印をしてみよう
焼印や刻印のことならご相談ください
直通電話
ラインで相談
メールで相談
無料モニター

カテゴリ一覧

お悩み・Q&A

お手入れ・メンテナンス

どの焼印を選べばいいかわからない?

やきいん探訪

オリジナル焼印の価格

デザインデータと入稿

デザイン・データ

ドッグタグ

ドッグタグマシーンって何?

ドッグタグ刻印機

パン

パンケーキ

ホットスタンプ

ホットスタンプって何?

メディア・エンターテインメント

入門・基礎知識

加工のやり方について

医療・ヘルスケア

半田ごて

名入れ

名入れができるアルファベット金属文字

型押しで困った。こんな時はどうする?

型押し道具

型押し(かたおし)とは?

失敗は成功の焼印シリーズ

実際に型押しをしてみよう

実際に焼印をしてみよう

実際に箔押しをしてみよう

小売り(食品・飲食店など)

店長おかどめの日記

打刻

打刻印

教育機関(学校・NPOなど)

日めくり名言シリーズ

映画

注文の流れ

火式焼印

焼印で困った。こんな時はどうする?

焼印のご注文の流れについて

焼印のデザインとデータ入稿

焼印のデザインとデータ入稿について

焼印を作ってみよう!

焼印道具

焼印(やきいん)とは?

直火式焼印

直火式焼印セット

箔押し

箔押しで困った。こんなときはどうする?

箔押しについて

箔押し道具

箔押し(はくおし)とは?

職業別の導入事例

製造(革・木材・食品など)

試し押し

電気式焼印

電気式焼印セット