サドルレザーに活字を使って箔押し

サドルレザーに活字(金属文字)を使って箔押しの名入れが綺麗に入ります。

箔もしっかりと革について、綺麗に仕上がります。 温度は約110℃に設定して軽く押す感じで箔押ししています。

あまり強く押しすぎると箔が付き過ぎるので注意が必要です。

今回サンプル押しをしたサドルレザーについてですが、この革もヌメ革の一種で、定義は良く解りません。

製造元や販売元でも色々あるみたいで、オイルを入れているので変色しやすい等があるようです。

ヌメ革の中でも硬いしっかりしたヌメ革"所謂、馬具に使うヌメ革"っな感じです。 ですが、硬めということもあり、箔がしっかりと付いてくれるので箔押しでの名入れには向いていますね。

サドルレザーで財布などを製作している場合は、是非箔押しでの名入れを試してみてください。

名入れの箔押しに利用したのはオリジナル活字の真鍮文字アルファベットになります。